Category Archives: 食べもの Food

防災グッズ:有効期限の切れたホッカイロたち

Expired hand warmers from Japan and how we can prepare for a disaster or an emergency 今日もすごい吹雪。家から出れる状態ではないので、ふと思い出して我が家の防災グッズのチェックをしました。震災後、仙台の両親からとにかく備えだけはしっかりしておくようにと強く言われ、万が一に備えて必要なものをプラスチック製のストレージボックスに入れておいたものです。幸い、これまで使う必要がなかったのでずっと開けていませんでしたが、この機会に数年振りの棚卸し。中に入っていたものは以下の通り。 ・手動式懐中電灯(電池式のものは普段冷蔵庫の上に常備しています) ・ポータブルラジオと乾電池 ・手袋(軍手がなかった為) ・ゴム手袋(医療用の手にぴったりフィットするタイプ) ・カセットコンロ(イワタニ製) ・カセットガス ・ハンドサニタイザー ・マスク(大人用) ・のど飴(完全に賞味期限切れでアウト 涙) ・耳栓 ・綿棒 ・爪切り ・ミニ救急セット(絆創膏、包帯、消毒用アルコールなど) ・キャンプ用トイレットペーパー(とてもコンパクトで省スペース) ・娘の夜用おむつ ・娘用の絵本、おもちゃやぬいぐるみ(どれも小さいサイズのもの) ・生理用品 ・ホッカイロ ・靴下(厚手のもの) ・使い捨ての下着(出産時に病院でもらったもの) ・サバイバルシート(銀色のコンパクトに折れるもの) ・歯ブラシ(大人用) ・くしと髪の毛用のゴム ・メモ帳と鉛筆、色鉛筆(自分のメモと子供用) ・丈夫なゴミ袋(物を運ぶ用だけでなく、段ボール箱に入れて給水バケツ代わりにすることが可) … Continue reading

Posted in お母さんへ For moms, 着るもの Looking gorgeous, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

今年のバレンタインは食べれないものを。

Very Japanese-y Valentine’s Day gift for someone special – it’s not edible like the last year’s gift! ここ数週間、私の住む地域は大雪・吹雪にかなりやられ気味です。娘のプリスクールを含め、公立の学校は全て今週1週間休校になり、来週1週間の冬?休みと合せると2週間も学校がないことになってしまいました(しかも2月と4月に1週間ずつのお休みがあるのが働く母にはとても大変 涙)。 道ばたには雪かきしても降り続ける雪が山積みに。街では路上に駐車するケースが多い為、車の上に大量の雪が積もりかまくらが並んでいるようにみえます。バレンタインデーの今日も、またまた大雪警報が出ており、明日は地下鉄やバスの全面運休が決定しました。これ以上積もる場所がない状態ですが、事故などないことを祈りつつ、自家用車を持たないことをちょっとありがたく思ってみたり。 昨年のバレンタインは、日本に住む両親へとらやのバレンタインギフトを送った私ですが、今年は少し違う路線で攻めてみました。小さい頃から何かにつけて「辞書をひけ」と言ってきた父は、日頃からちょっとした時間を見つけては様々なジャンルの本を楽しんでいます。そんな父と母が二人で楽しめる本を送れたらいいなとアマゾンで色々見てみたものの、本のギフトって結構難しいですね。最近出た本もチェックできていないし、今どんなテーマに興味があるかもわからないし・・・そこで雑誌の定期購読をプレゼントすることにしました。これなら、1冊の本に限らず、様々な内容を、1年を通じて楽しんでもらえます。日本を離れてもう8年目の私には、流行の雑誌など全く未知の世界なので、王道?の月刊誌「致知」を贈りました。 海外にいて、日本の両親に何かを送りたい時、最近は何でもクレジットカードでオンライン決済ができるので本当にありがたいです。注文してから1週間程度で届き、メッセージ付きで日本のバレンタインデーにもばっちり間に合いました。予想通り二人ともとっても喜んでくれたのと、1度だけでなく、これから12ヶ月楽しんでもらえると思うとなかなか良いアイディアだったかも♪ 午後は娘のお友達Aちゃんのお誕生会に行ってきました。彼女のお家で久しぶりに一緒に遊べて、子供達は大喜び。娘はなんと1週間ぶりの外出だったので、同じ年のお友達と過ごす時間がとっても楽しかったみたい。ゲームやフェースペインティング、ピニャータなどを楽しんで先ほど無事帰宅。 Aちゃんのおばあちゃんと話していたら、彼女のお兄さんが沖縄から持って帰ったという古い着物を出してきてみせてくれました。彼女へのおみやげだったそれは、今のAちゃんにぴったりのサイズ。私の祖父は沖縄戦で亡くなり、お墓には遺骨の代わりに沖縄の浜辺の砂が入っています。大好きな祖母は、その後生涯独身で女手一つで私の母たちを育てあげました。 楽しそうに遊ぶ子供達を眺めながら、Aちゃん家族と色々お話をしました。沖縄戦に行って無事帰ってこれたAちゃんのおばあちゃんのお兄さん、以前素晴らしい日本人の上司を持ったことで、日本の文化に興味を持ちいつか日本も訪れたいというAちゃんのお父さん、ジブリの映画が大好きで、ほとんどの作品をコレクションしているAちゃんやその兄弟姉妹。昨年帰国した際に、日本で撮った娘の七五三写真を携帯で皆が見る中、私はAちゃんのおばあちゃんの古い沖縄の着物を手にとり、今は亡き祖母や、一度も会った事がない祖父のことを考えました。 同じ家の中で色んな世代の色んな人たちが、こうして一緒に楽しい時間を過ごせていること。うまく言葉にはできないけれど、平和っていいな、こういう空間って愛おしいな・・・と思った雪の日の午後でした。

Posted in つぶやき Random thoughts, 着るもの Looking gorgeous, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

吹雪の日にはお家で手づくりアポロ。

Meiji Apollo chocolate – do it yourself kit 私も娘もグミが大好き。日本のおもしろお寿司グミを楽しんだり、噛みごたえが最高のハリボー(HARIBO)はお気に入りのおやつです。そして、グミよりも母娘で大好きなのがチョコレート!先月、日本から届いたクリスマスプレゼントの箱に入っていたのがこの「手づくりアポロ」キット。 初めて見る大きなアポロに娘と大興奮。今さらですが、アポロのあの形は1969年7月21日人類初の月面着陸を達成した宇宙船アポロ11号の宇宙船の形からイメージして作ったものだったのですね。これまた初めて知りました。 なんだかもったいなくて、「何か特別な時に作ろうね〜」と大切にしていたのですが、今週の米国東海岸大寒波で学校も仕事もお休みになったタイミングで作ることに。 作り方はいたって簡単。3本のチョコレートチューブを湯煎で柔らかくしたら、型に絞り込みます。小さいお子さんでも簡単に作れて、自分で作れた感が高まりそうです。 小さな砂糖の粒が入っていて、デコレーションもできるようになっています。短いかき混ぜ棒(兼チョコを持てるようかな?)もついてきたのですが、1本しか入っていなかったので思い出してこれを出してみました。 ケーキポップ(Cake Pops)を作る用の棒です。ターゲットに行くと、娘は店内のスタバでケーキポップをいつもリクエストするので、いつか一緒に家で作ろうと買っておいたこの棒がうっかり役に立ちました 笑 半分に切って使ってみます。 絞り出した状態のままだとあまりかわいくありませんが・・・ 娘はチョコの色を混ぜたり、粒を入れたり、気が向いたのはくるくるして、こんな感じに作っていました。あとは冷蔵庫で30分冷やしておくと・・・ あっという間に完成!ちなみにこれは一番大きいサイズのアポロです。 母として子供に与える場合、昔流行ったねるねるねるねやツブポンに比べてこのアポロ手づくりキットは安心感があるのでいいですね。私は子供の頃どちらも結構ハマっていましたが 笑 なぜかこちらではこういった「ちょっと自分で作った感」を味わえるお菓子のようなものを見かけません。クッキーやケーキ、ブラウニーミックスの箱タイプや冷蔵タイプのものなどはかなり多くあるのですが、こういうオーブンを使わないタイプのお菓子もあると面白いですよね。 それにしてももうすぐ1月も終わりだなんて、早いなぁ〜 今年のバレンタインは娘とどんなことを計画しようかしら。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids | Tagged , , | Leave a comment

2015年もよろしくお願いいたします!

Happy 2015 to you all! 明けましておめでとうございます。 世界中で暮らしている皆様にとって、本年が健康で笑顔に満ちた年になりますように。 大晦日は思い立って娘と餃子を作って食べました。大晦日まで仕事があり、一般的に元旦のみが祝日の米国では、あまり日本のようなお正月モードにはなりません。でも、今朝は素晴らしいお天気に恵まれ、家中のカレンダーを取り替えたり、「人生が変わるよ!」と勧められ新しく購入した電動歯ブラシを稼働してみたり(笑)、おかげさまで気持ちも新たに素晴らしい年を迎えることができました。 昨年は秋から体調をくずすことが多かったので、今年は健康第一に楽しく暮らしていきたいと思っています。娘ももうすぐ5歳。新しいことに一緒にチャレンジしていきます! 今年は世界の色々な国で暮らしている方へロングインタービューをさせて頂き、その内容をシェアさせて頂きたいと思っています。これからもマイペースにやっていきますのでどうぞよろしくお願い致します。 2015年1月1日 ちひろ

Posted in つぶやき Random thoughts, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , | Leave a comment

みなさんの東北の思い出が100円の支援になるそうです♪

Your tripadvisor review will generate 100 yen donation to support Tohoku, Japan! 先の東日本大震災をきっかけに、自分が育った街から遠く離れていてもできることについてよく考えさせられています。米国マサチューセッツ州に本社があるトリップアドバイザー。口コミの数がとても多く、旅行の前に参考にご覧になる方もたくさんいらっしゃると思います。このトリップアドバイザーで、東北各地の旅の経験を口コミとして投稿すると、投稿に対して100円が寄付される事を知りました! 東北の素敵な場所での経験をシェアして、誰かが東北へ行ってみたいと思うきっかけづくりをしながら、更にそれが東北支援につながるだなんて素敵な取り組みですよね♪私も地元に限らず東北各地でオススメの場所がたくさんあるので、早速口コミを投稿してみようと思います。 寄付金は東北観光推進機構へ預けられ、東北各地の観光推進に活かされるそうです。募金の対象となる口コミは、東北6県(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)のホテル、観光名所およびレストランに関するものとのことですので、こちらからぜひみなさんの思い出をシェアして東北をサポートしてくださいね!Let’s go Tohoku!! 写真は新年に行った仙台のアンパンマンミュージアム。アンパンマン大好きの娘は、今までみたことない数のアンパンマンと仲間たちに大興奮!アンパンマンミュージアムは全国各地にあるけれど、仙台のミュージアムについての口コミだったらOKなのかしら?ミュージアム内のレストランではバースデーパックでとても楽しいお食事もできたのでレストランもオススメでーす♪

Posted in お母さんへ For moms, レストラン Restaurants, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 温泉 Hot Springs, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | 1 Comment

日本のオリーブ

Olives made in Japan (Shodoshima & Okayama) 四国のパワフルなお母さんが1人で始めた活動が、仲間を増やしてぐんぐん大きくなって、EU大統領にも会いにいくまでに・・・というエピソードがほぼ日刊イトイ新聞で紹介されていました。香川県丸亀市にお住まいの尾崎美恵さんのお話です。情熱を持って何かをしている方のお話って読むだけでワクワクしてきます。 香川県と言えば、私が初めて四国に旅行したの10年以上前のこと。大阪から車で瀬戸大橋を渡って行きました(強い横風で車が流れる感じにびっくり!)。鳴門の渦を眺めながら、「渦が強い程わかめが美味しいんだよねぇ〜」なんて思った直後にポカリスエットをはじめ様々な大塚製薬の製品の大きな壁画のオンパレードにびっくりしたり。丸亀市に本店がある一鶴(いっかく)で美味しい骨付き鳥のもも肉を食べたり。とても充実した楽しい旅だったのですが、1つだけ心残りが。それは小豆島に行かなかったこと。 二十四の瞳でも有名な小豆島はオリーブの産地。私はオリーブが大好きで、日常的に食べているのですが、恥ずかしながら日本産のオリーブがあることは長いこと知りませんでした。初めて食べたのは静岡県三島市にあった素敵なバールで(名前が思い出せないのですが、洞窟のような小さな店内でカウンター席がとても心地よかった。誰かご存知の方います?)出されたオリーブ。大好きなオリーブが日本でも栽培されていることに衝撃を受けました 笑 日本では香川県と岡山県でのみ栽培されているようですね。香川県のサイトにあった日本におけるオリーブ生産の歴史によると、明治41年から日本での栽培が始まったとのことです。気候が穏やかで過ごしやすい地域。小豆島のオリーブ園も岡山の牛窓オリーブ園もいつかぜひ行ってみたいな。 これは西東京のHファミリーのお家で元気に育っているオリーブ。関東でもオリーブができるなんて感動です♪次回の日本帰国時には絶対食べに行きたい!

Posted in 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan | Tagged , , , | Leave a comment

二郎は鮨の夢を見る

Sushi – our #1 choice of Japanese food we want to enjoy back in Japan 海外在住の日本人のみなさんへお願いしているアンケートで、「今日本に行って食べたいもの」を聞いています。ダントツでトップはやはり「お寿司」。日本でしばらく暮らしたことがある人ならきっと、日本のお寿司は忘れられないことでしょう。 写真はWIREDさんよりお借りしています。 先日、日本にまだ行った事がない米国人の友達からJiro Dreams of Sushiというドキュメンタリー映画を勧められました。彼女はこれを見て、日本に行ってみたくなり、日本のお寿司をいつか必ず食べに行こうと決めたそうです。日本語版のタイトルは、「二郎は鮨の夢を見る」。数寄屋橋にあるすきやばし次郎の店主である小野二郎さんや二人の息子さんらが紹介されています。料理評論家の山本益博さんも登場しています。このお店は4月にオバマ大統領が来日した際に、阿部首相との夕食にも利用されて話題になっていましたね。 このドキュメンタリーを見て、登場するお寿司を食べたくなることよりも、私は職人魂や、修行すること、一生をかけて信じる何かにのめり込むことなどについて色々考えさせられました。最近ではそういう世界を直接感じられる機会がないけれど、こういった情熱や信念、こだわりの強い方達が一生かけて築いているものがあることにとても惹かれます。そして皆、「極めるといっても、何が頂点かはわからない」というように終わりのないものとして道を進んでいらっしゃいます。 すきやばし次郎、銀座の久兵衛などはもちろんですが、気軽に食べられているお寿司やさんでも「当たり前」とされていることを、海外で求めることがいかに難しいかを感じさせられます。そして、自分自身についてもこだわりを持って何かに情熱を注ぐということがどれだけできているのか振り返るきっかけとなりました。 Facebookを通じて知った「失われゆく鮨をもとめて」という本が気になっています。次に日本へ行く時には、この本をぜひ読んでみたいと思います。そして美味しいお寿司を食べられる幸せを思いっきり味わってきたいです♪ ※米国在住の方は、Netflixでこのドキュメンタリーを見ることができます。 (Available on Netflix for those who are in U.S.)

Posted in アンケート結果 Survey results, 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan | Tagged , , , | Leave a comment

悩ましきサマーキャンプ

Summer camps for children in U.S. – why, why, and why?!?! 去年の9月から公立のプリスクールに通い始めた4歳になる娘。あと2ヶ月ちょっとで初めての夏休みを迎えます。そして親の私にとっては初めてのサマーキャンプ探し。「キャンプ」と言っても、お泊りキャンプに参加してキャンプファイヤーを囲んで歌ったりするようなものではなく、要は夏休み期間中子どもが日中を過ごすデイケア/プログラム/サマースクールのことです(お泊りするものも中にはあります)。 これがですね・・・とっても悩ましいんです。 まだ4月に入ったばかりですが、私、相当出遅れています。私の街では年明け早々からサマーキャンプの説明会などが開催され、申し込みも始まっていたり。大体みなさん2月頃にはその年の夏休みの予定も含め、サマーキャンプの申し込み先や参加期間など目処をつけている状態なので、未だに何をどうしようか悩んでいるのはめずらしい状態。 そもそも米国の夏休みはとにかく長いっ! 娘のプリスクールでは6月19日が今年最後の登校日(米国の新学期は9月からです)で来年度は9月8日から(日本のような始業式はありません)。ということは、夏休みは約3ヶ月。この期間、働く親として、日中子どもが参加できるサマーキャンプなりデイケアの手配をしなくてはいけなくなります。3ヶ月って長いですよね。日本では地域にもよりますが大体1ヶ月位ですからその差がすごい。 それこそ、近くに祖父母や従兄弟がいてくれたら1週間位「遊びに行っておいで~」と子どもを預けあったりといった工夫もできるのでしょうが、私の家族は皆日本なのでそうもいかず。まだ4歳なので「しばらく日本に遊びに行ってみたら?」ということもできません。なのでこれから当分の間はこの3ヶ月続く夏休みと毎年どう付き合っていくか真剣に考えなくてはいけない状態なのです。 しかもなぜか一般的なサマーキャンプは「午後3時半まで」なんてのが多いんです。夕方5時や5時半など、仕事帰りにピックアップできる時間帯まで預かってもらうためには延長料金が発生し、結果的にはかなりの費用になるんですよね。サマーキャンプ3ヶ月分で、母娘一緒にまた日本に遊びに行けちゃいます、余裕で。涙 くよくよしていても仕方がないのでリサーチしているのですが、5歳以上対象のものは色々とある割に、4歳児が参加できるプログラムってとても少ない。なぜ×1? お昼はもちろん、朝や午後のスナックも準備して持たせなくてはならないプログラムが主流。なぜ×2? 普段は考えないようにしているのですが、日本のように美味しくてヘルシーな給食も含まれた保育園や幼稚園、学校がどんなに羨ましいことか・・・。まぁ、こちらではランチが出る場合でも「え?」というメニューの場合もあったりするので、なんとも言えないのですが(娘はプリスクールにはお弁当を持っていっています)。 そして、新学期は9月まで始まらないと言うのに、8月の最終週まで開催されているサマーキャンプがほとんどない。なぜ×3? 実はこれ、新学期直前に、学校や施設などの修理や準備をする必要があるからとのこと。言われてみれば納得です。だからいつも職場の先輩お母さん、お父さんは揃って8月最終週に夏休みを取得していたのか!その時期はピークシーズンでどこに行くのにも高いのですが、サマーキャンプがないのなら仕方がないってことなんでしょうね。 5歳以上を対象としたサマーキャンプはプログラムの種類も豊富で、音楽やアート、海へのフィールドトリップに園芸など、子供の興味に合せて色々挑戦させることができそう。参加費用も年齢が上がるにつれ低くなっていくようだし、なんとか今年の夏さえできれば、来年からは少しずつラクになっていくと信じて進むしかありませんね。 海外在住の場合、夏期休暇などの長期休暇を利用して一時帰国し、日本の学校に体験入学させるケースもよくあります。日本の小学校や中学校で体験入学したことがある海外育ちのお友達の話や、今年の夏体験入学させる予定のお母さん・お父さんのお話も聞きます。びっくりしたのが、幼稚園でも体験入学することが可能だということ!小学校以降だろうななんて勝手に想像していたので、もし私が夏の間仕事をしなくて良ければ一緒に一時帰国して日本の幼稚園でお友達を作ったり、美味しい給食を食べる経験をさせられたのに〜。 一時帰国で体験入学する方法については受け入れ先の学校はもちろん、自治体によってルールが異なります。また、受け入れ先の対応や反応も様々。将来日本に戻ることが前提の子供達だけでなく、海外永住組の子供達も日本の教育を体験し、またそういった子供達との触れ合いを通じて日本の学校の子供達も新しい経験ができるよう、学校や保護者が一体となってサポートすることができるといいですね。 YFUやAFSなどの交換留学制度もありますが、お母さん・お父さんが昔通っていた学校や祖父母や親戚が住む街で子供達がしばらく日本を体験できる体験入学制度がこれからも継続されますように! 冷蔵庫に貼ってある今年度の娘の学校スケジュール。2月と4月に1週間お休みがあるのが見えますか?「春休みは春に1度」と育った私には衝撃&ほんのり切ないスケジュールです。やっぱり米国に住むなら子供として住みたいですね 笑

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins | Tagged , , , , | 1 Comment

出産時にポカリスエット

Pocari Sweat – one of the things I brought to the hospital when I delivered my daughter Sちゃんの妊娠報告を聞いてとっても幸せな気持ちの私。米国での出産についてアドバイスがあるか聞かれ、ここのところ4年前の自分ことを色々思い出しています。 娘の出産直前のこと。初めての出産でドキドキわくわくしながら、病院にいる間どんなものがあったら便利かなと色々考えました。初産は長引くことが多いと聞いていたので、産まれてくれるまでの時間、どうしたらリラックスして過ごせるかを考えて。 DVDプレイヤーとCDプレイヤーがある病室だったので、リラックスできるようにIZのCDと皇帝ペンギンのDVDを持って行きました。夜9時頃入院し、翌朝11時に産まれるまで12時間以上あったので、結果的にかなり役立ちました。夜通しやさしい音楽をかけながらミュートでDVDも流しつつ、深々と降る雪を窓から眺めていました。翌朝は雲ひとつない快晴でとってもキレイでした! 病院の方針や個人のケースによって、産気づいてから飲食しないよう指示される場合もありますが、私の場合は大丈夫だったのでかなりたくさん飲んでいました。いつもより喉が渇いていたのかな?飲みすぎてむくんじゃう位 笑 お水だけをたくさん飲めないタイプなので(こちらではお茶の種類があまりないので普段はセルツァーを愛飲しています)、準備していったのがポカリスエットとC1000レモンウォーターの500mlペットボトル。アジア系食材のお店で購入したものをクーラーボックスに入れて4、5本は持って行ったと思います。 その後存在を知ったのですが、ポカリの粉末タイプはとっても便利です。更に、1リットル用の小分けパックではなく、家族用(お徳用?)のサイズがあることも判明し、1リットルにこだわらず好きな量を必要な時に作れるのでとても重宝しています。ゲーターレード(Gatorade)などこちらでメジャーなスポーツドリンクの色の艶やかさがちょっと苦手なので、風邪をひいた時などはもっぱら粉末ポカリ派です。自分が風邪になりそうだなと思ったら、初期の段階でセルツァーの1リットルペットボトルに何本も作っておいて、ひたすら飲んで水分補給しながら休む・・・という感じ。 ポカリスエットに馴染みのないこちらのお友達は、商品名にかなり抵抗があるようでなかなか飲んでみようとしません。なぜならスエットは「汗」なので、スポーツドリンクの名前に「汗」がついているのがイマイチだとか。確かにそうかもですね 笑 そういえば、出産の際はお弁当も持参しました。「産後はものすごーく食欲が出るよ」と聞いていたので、病院のご飯や近所のテイクアウトよりも、産後最初のご飯は好きなものがいいかなと思って。大好きな鮭を焼いて、ゆかりやかつおのふりかけをかけたご飯にほうれん草とブロッコリーのごま和え。陣痛が始まってからも、病院に来るように指示されている間隔になるまでしばらく時間があったので、その間家で気晴らしに料理したりするのは意外と良かったかも。実際、産後に好物の和食を食べれたのはとってもうれしかった♪今娘が鮭大好きっ子に育ったのはそのせいもあるのかな??? Sちゃんの初めての出産が、米国ならではの良いところと日本の良いところを合せたハイブリッドの素敵な経験になりますように!今から赤ちゃんに会える日が待ち遠しいです。

Posted in お母さんへ For moms, 音楽 Music, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , , | 1 Comment

青のりマジック!

Power of Aonori – brings you back home in a second!! 最近色々忙しかったせいか、うっかり帯状疱疹になってしまいました。大きなイベントがあったので1日3回1週間の飲み薬を服用しながら仕事も継続。イベント終了後からしばらく寝込んで今日からなんとか復帰宣言です! 帯状疱疹は米国では一般的にshingles(医学的にはherpes zoster)と言われ、日本では聞いた事がありませんでしたがこちらにはワクチンまであるんです。でも一般的には抵抗力が弱くなった高齢の方を対象にしているようで、”Senior Vaccines”のカテゴリに入っていました・・・来年はワクチンした方がいいのかなぁ?? しばらく家で寝込んでいる間、毎日お料理できる状態ではなかったのでテイクアウトにかなりお世話になりました。今まで食べたことがなかった近所の中華料理屋にも初挑戦。試したメニューの1つがChow Mein。日本の焼きそばのようなものですが、このお店のものがめちゃくちゃしょっぱくて油っこい 涙 娘からもNGが出てしまったので、仕方なく卵を2個を炒めてChow Meinと混ぜ合わせてから、家にあった四国産の青のりをたっぷり振りかけてみました。そしたらびっくり、一気に味がマイルドになって食べられる&美味しい!!卵のおかげで油っこいのも半減された感じ。 小さい子どもがいると普段から薄味を意識している分、外食時やテイクアウトした食事の味が濃く感じることが多い私にとっては、手軽に味をマイルドにできるうれしいズボラテクニックの発見となりました。もしかして当たり前の事だったかな? 笑 でも青のりのパワーは偉大ですよね。あの香りだけで一気にうれしくなってしまうのは私と娘だけではないハズ。軽いし日持ちもするのでぜひ常備しておきたい便利食材のひとつです。 明日から日本は新学期ですね。なぜ日本では4月から新学期なのでしょうか?政府の会計年度に合わせてのことだそうです。4月1日はエイプリールフールであること以外、米国では特別な意味がないので日本にいるようなフレッシュな気持ちにはなりにくいのですが、何より健康第一で毎日を過ごすぞ〜!

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment