Category Archives: 子供のおやつ Snack for kids

吹雪の日にはお家で手づくりアポロ。

Meiji Apollo chocolate – do it yourself kit 私も娘もグミが大好き。日本のおもしろお寿司グミを楽しんだり、噛みごたえが最高のハリボー(HARIBO)はお気に入りのおやつです。そして、グミよりも母娘で大好きなのがチョコレート!先月、日本から届いたクリスマスプレゼントの箱に入っていたのがこの「手づくりアポロ」キット。 初めて見る大きなアポロに娘と大興奮。今さらですが、アポロのあの形は1969年7月21日人類初の月面着陸を達成した宇宙船アポロ11号の宇宙船の形からイメージして作ったものだったのですね。これまた初めて知りました。 なんだかもったいなくて、「何か特別な時に作ろうね〜」と大切にしていたのですが、今週の米国東海岸大寒波で学校も仕事もお休みになったタイミングで作ることに。 作り方はいたって簡単。3本のチョコレートチューブを湯煎で柔らかくしたら、型に絞り込みます。小さいお子さんでも簡単に作れて、自分で作れた感が高まりそうです。 小さな砂糖の粒が入っていて、デコレーションもできるようになっています。短いかき混ぜ棒(兼チョコを持てるようかな?)もついてきたのですが、1本しか入っていなかったので思い出してこれを出してみました。 ケーキポップ(Cake Pops)を作る用の棒です。ターゲットに行くと、娘は店内のスタバでケーキポップをいつもリクエストするので、いつか一緒に家で作ろうと買っておいたこの棒がうっかり役に立ちました 笑 半分に切って使ってみます。 絞り出した状態のままだとあまりかわいくありませんが・・・ 娘はチョコの色を混ぜたり、粒を入れたり、気が向いたのはくるくるして、こんな感じに作っていました。あとは冷蔵庫で30分冷やしておくと・・・ あっという間に完成!ちなみにこれは一番大きいサイズのアポロです。 母として子供に与える場合、昔流行ったねるねるねるねやツブポンに比べてこのアポロ手づくりキットは安心感があるのでいいですね。私は子供の頃どちらも結構ハマっていましたが 笑 なぜかこちらではこういった「ちょっと自分で作った感」を味わえるお菓子のようなものを見かけません。クッキーやケーキ、ブラウニーミックスの箱タイプや冷蔵タイプのものなどはかなり多くあるのですが、こういうオーブンを使わないタイプのお菓子もあると面白いですよね。 それにしてももうすぐ1月も終わりだなんて、早いなぁ〜 今年のバレンタインは娘とどんなことを計画しようかしら。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids | Tagged , , | Leave a comment

世界初のプロバイオティクス、ヤクルト!

Thank you, Dr. Minoru Shirota for inventing Yakult for the world! 米国では毎年秋になると、小さい子供や妊婦さんだけではなく、大人もインフルエンザの予防接種を受ける事が一般的です。私も娘も初秋に受けていたのですが、どうやら今年のワクチンは狙いが外れたとのことで効果が期待できないとか・・・??それでというわけではないのですが、今年は秋からどうも体調を崩す事が多くて困っています。娘のプリスクールでも例年以上に子供達が色々な症状を訴えてはお互いにうつしてしまっている状態で、我が家の熱さまシートはそろそろ在庫がなくなります。なかなか普段のペースで生活できないというのはストレスになりますよね。 私が娘を妊娠していた頃、先輩ママでリサーチ好きなお友達のAちゃんからプロバイオティクスについて色々聞かされました。彼女の息子Kくんは生まれてしばらくは風邪などをひきやすく、喘息もあったため、Aちゃんは病気になりにくい体を目指す事について色々調べていました。当時納豆やヨーグルト位しか知らなかった私ですが、今年はさすがに体調を崩す事が多いので何かしてみようと決意。娘にはプロバイオティクスの乳幼児向けタブレット(そのまま食べれるタイプ)を買ってみました。こちらではかなりメジャーなCulturelleというブランドで、お腹が弱い子供を持つお母さんたちの間では有名なものです。幸い娘は内蔵系も強かったので、今まで試してみる事がありませんでしたが、本人は「美味しい♪」と言いながら喜んで1日1粒食べています。結構がっちりした個別包装になっていて、その辺りも娘にとっては「スペシャルなもの」感があるみたい。効果の程はまだわかりませんが、とりあえず春が来るまでは継続してみようと思っています。 先日、東海岸に展開している韓国系スーパーマーケットのHマートでヤクルトを見かけて、懐かしくて思わず買ってみました。でもお値段が結構するんですね、5個入りで$3.79。日本では一体いくら位でしたっけ?こちらではヤクルトUSAが南カリフォルニアで作られたヤクルトを全米各地へ展開しているとのこと。英語読みのため「ヤクルト」ではなく「ヤカルト」と発音されています。USAのサイトではビデオで商品が開発された歴史、ヤクルトの製造工程を説明していて少し勉強になりました。1935年から今までたくさんの人たちのお腹の健康をサポートしてくれてたのですね。 日本では、全国にある工場を無料で見学することができるそうなので近くに行くことがあったらぜひ。ヤクルトが化粧品や麺類も作っていたとは知らなかったので、湘南化粧品工場を見学してみるのも面白いかもしれません。貧しい人でも健康を手に入れられるよう「ハガキ1枚煙草1本の値段で買えるヤクルト」を経営標語とされていた代田稔(しろた・みのる)博士、うちの娘も美味しく飲ませてもらってます(こっちではちょっと高いですけど 笑)。ありがとう!

Posted in お母さんへ For moms, 飲みもの Drink, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 子供のおやつ Snack for kids, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

離乳食の時期もその後もハイハイン!

HAIHAIN – perfect teether and little snack for your little ones 亀田製菓のハイハイン。 これ、小さい頃はもちろんですが、今でもあると食べたくなる私の大好物です。食感も味も大好き♪昔からのロングセラーですよね。 最近では野菜入りのものや小分けされたタイプなど、色々なバリエーションが出ているようです。娘が離乳食の時期や歯が生えてグズっている時どれだけ欲しかったことか!たまにアジア食材を売っているお店で売っていると買い占める勢いで買っていたのを思い出します。でもやっぱりこちらで買うと高いんですよね〜 2009年7月のリニューアルの際、それまで生後5ヶ月頃からとされていた表示が7ヶ月頃からと変更されたのは東京都の「ベビー用おやつ」の安全性に関するガイドラインの「離乳食の進め方の目安」に基づいてとのことだそうです。ガイドライン等は常に変わるもので、蒟蒻畑など他の商品も同じく、最終的には保護者である私たちがしっかり注意していかないとですよね。 今日、スーパーで買い物をしていたらこんな商品を見つけました。COCO Liteという商品名のWheat Pop Cakesです。うれしくなって早速ホールウィート(全粒粉)のものを買って娘と食べてみました。ハイハインと食感がそっくり!大きさは娘の顔より大きく全然違いますがとっても懐かしい気持ちになれました。しかもホールウィートがあるのがヘルシーでうれしい♪お値段も輸入されたハイハインに比べてとてもお手頃だったのでこれからもちょこちょこ買う事になりそうです。ネットで見る限り味の種類も色々あるようですが、ハイハイン代わりに小さい子供用に利用するならオリジナルかホールウィートがいいかもですね。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 子供のおやつ Snack for kids, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

桂新堂株式会社の「かわいい和」えびせんべいを再び!

Shrimp crackers #3 – with Kasajizo, the Japanese folklore 何度も書いていますが、固い食べものが大好きな娘は日本のえびせんべいも大好き! 現在愛知県在住で、えびせんべいと言えば!の名物「ゆかり」や、「かわいい和」の本当にかわいらしいおせんべいを送ってくれたTちゃんが、今回日本で会った時にもまたまたかわいらしいおせんべいをプレゼントしてくれました♪ 今回の箱は冬バージョン。日本の童話というタイトルで、笠地蔵のお話をテーマに、お地蔵さんや、米俵、鏡餅におじいちゃんやおばあちゃんの絵が描かれています。1箱に3袋入っているとは言え、食べ始めるのが本当にもったいない。 米国でも四季があることをアピールしている地域に住んでいる私ですが、日本の四季を表す写真や絵を見るとやはりぐっときます。今回一時帰国した時も、思わず季節感溢れるカレンダーを色々と買ってしまいました。(富士山バージョン、日本の各地の自然バージョン等々・・・カレンダーをそんなに飾れる程広い家ではないのですが 笑) そして、日本のおとぎ話の代表作とも言える笠地蔵(かさこじぞう)についても久しぶりに考えました。特定の悪者がいるわけではなく、純粋にいいことをするやさしい心の持ち主についてのストーリー。この辺りはとても日本らしいところだと思います。 誰かが見ていようがいまいが、良いことをする。そして良いことをした人(おじいさん)に対して、それはよかったと言う(おばあさん)。こういう気持ちを娘にも伝えていきたいです。

Posted in 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 日本のこと About Japan, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , , , | Leave a comment

海外でも使いたい日本のキッチン家電

Japanese kitchen appliances – gotta have these! 今、家のちょうど真ん中にキッチンがある家に住んでいます。 そのせいかわかりませんが、キッチンにいる時間がとっても長くなりました。特に母になってからは毎日のご飯やお弁当作りだけでなく、ちょっとした1人の時間をキッチンで過ごす事がほとんど。コーヒーを飲みながらオンラインバンキングで各種支払いをやっつけたり、煮物を作りながら娘のプリスクールの連絡事項に目を通したり。友達が遊びに来ると、キッチンテーブルでお菓子をつまんで話したり。そんな我が家のキッチンでは日本が誇る電化製品が2つ大活躍中です。 炊飯器(Rice cooker) 2007年秋から愛用中。当時シカゴ在住だったHくんが、米国最大級の日系ミツワマーケットプレイスで購入したものをプレゼントしてくれたものです。大好きな象印の3合炊きタイプ。こちらでよくみるベーシックな電気炊飯器を見慣れていた友達は、当時あまりにも近未来なスタイルをみて「これ、ラジオとか電話とかDVD観れる機能とかもついてるんでしょ?」と冗談を言っていました 笑 日本では当たり前だと思われている「白米、玄米、おかゆ」など様々なご飯を炊き分ける機能や、タイマー機能、炊きあがった時のメロディーお知らせなどはこちらではとっても特別な機能。毎年のように更なる新機能を搭載した高性能タイプが出てくる日本。やっぱりお米を愛する国なんですよね。Vivaジャポニカ米! 電気ポット(Water boiler and warmer) 温かい飲み物を頻繁に飲みたくなる冬。毎回お湯を沸かすのが面倒になって購入を決意。ポットと言えば象印!と思っていたけれどかなり高かったので小さめ(2.2リットル)のパナソニック製のタイプにしました。これ、キッチンカウンターの上でも邪魔にならずにとっても便利、大正解のお買い物でした♪こちらは2012年の冬から大活躍しています。買ってみると、夏場でも結構使えることが判明。お気に入りのフリーズドライの美味しいお味噌汁をさっと作ったり、朝おかずを作る間、娘のお弁当箱の魔法瓶部分を熱湯で温めておくのに使ったりもします。 この他にもぜひ欲しい家電が2つ。 ホットプレート(Electric nonstick skillet) 日本に帰国するご家族から譲り受けてその便利さを実感!ちょうどいい深さのタイプだったので、ホットケーキ、お好み焼き、焼きそば、焼き肉、なんでも作れちゃいます。かなり使い込まれてテフロン部分がはがれ始めてきたのでお別れしました(頂いたご家族がいつから使っていたかはわかりませんが、きっと通算で10年近かったのではないかな?)。お鍋を食卓で囲みたい季節のせいか、最近新規購入を検討中。でもこれは夏とかあまり出番がないかなぁ・・・とためらってみたり。米国で一般的なホットプレートは、パンケーキを作ったりソーセージやベーコンを焼くことに使われるので、ほぼ真っ平らの長方形のタイプが主流。やっぱりある程度の深さが欲しいんですよね~ お米も使えるホームベーカリー(Home bakery – the one you can even make “rice” bread) トランスフォーマー(変圧器)が必要になるのは面倒だからと、いつもこちらで手に入る家電のみをチェックしていましたが、日本から買ってくるのもあり?!と考える程気になっているのがホームベーカリー。ご飯を使ってパンを作れるタイプのものです。日本ではフランス的なものから日本オリジナルなものまで、様々な美味しいパンが手に入りますが、米国ではバラエティに欠けてしまうところがあるので、家でパンを焼いたりもします。でも小麦だけでなくご飯も含むパンができてしまうホームベーカリーがあったら楽しそう!こちらでもアマゾン経由で入手可能ですが、US$1,000以上してしまうのでもし本当に買う場合は日本から持ち込みます 笑 日本のキッチン家電を使っているこちらの人は皆、とにかく壊れないのが頼もしいといいますね。私も強く同感!日本のようにセールになりにくいとは言え、何年も大切に使えるのでやっぱりおすすめです。 家電ではないけれど、我が家のキッチンの重要アイテム。かえるのキッチンスポンジホルダーです。100円ショップで娘がセレクトしました♪ こちらにもあるにはあるのですが、結構大きくて重たいものが多いので、安くて軽くてかわいい日本のシリーズは思わず色々買ってきたくなってしまいます!

Posted in 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

マンナンライフの蒟蒻畑 ララクラッシュ!?

Konnyaku (Konjac) jelly – different texture 以前も書きましたが、私はマンナンライフの蒟蒻畑が大好きです。特にグレープ味!でもこれは重たいので、日本からわざわざ送ってもらうのも気がひけるし、日本にいる間は冷やしたり凍らせたものを出来るだけ楽しんで、帰り際に持って帰れる分だけ持って帰るのがパターンです。 今回の旅では、西東京、和歌山、仙台、川口の4カ所で購入したのですが不思議なことに西東京でしか昔ながらの蒟蒻畑を買う事ができませんでした。その他の地域ではお店の人に聞いたり、複数のお店を廻ってみたけれど、売っていたのは他のブランドの商品かマンナンライフのララクラッシュという蒟蒻畑を文字通りクラッシュして再びカップに詰めたタイプのもの。 これ、美味しいことは美味しいのですがちょっと物足りない・・・気のせいかぶどう味も少し弱まっているような・・・??? これは過去に繰り返し起こった窒息事故をふまえての対応だと思われます。確かにクラッシュされているのでお口の中ですぐに細かくなり、喉につまりにくくなるよう改善されています。一時期は販売が中止されていたこともあったと聞くので、このように改善を重ねての再販売となったのでしょうね。 以前の弾力が強いタイプに慣れているので、少し違和感がありますが、こうしてまた日本で蒟蒻ゼリーを楽しめることをありがたいと思わなくては。それにしても西東京ではなぜ昔のタイプのものがあったんだろう? 成田に移動する日の朝、慌てて立ち寄った西友のスーパーで、ララクラッシュぶどう味を4袋購入しました。空港で2袋はスーツケースに詰め直し、2袋は機内持ち込みバッグへ(スーツケースが重量が気になったので)。セキュリティチェックポイントでお姉さんに「こちらジップロックに詰め直してもよろしいですか」と聞かれ、空港の透明ジップロックにパンパンに詰め直してもらったものを大事に自宅まで持ち帰った次第です。ちょっと恥ずかしかったけど、やっぱり持てるだけ持って帰りたい! 笑 あれ、成田空港のセキュリティガイドページで確認してみたら、ゼリーは持ち込み禁止のアイテムに含まれてる??あのお姉さんがジップロックに詰め直してくれたのはそのためだったのか!!大反省。次回からは全てスーツケースに入れてチェックインしないといけないですね。お姉さんごめんなさい。 シークワーサー味を食べれなかったのがちょっと心残りだけど、今まだ冷蔵庫と冷凍庫にたくさんあるぶどう味たちは大切に食べよう。一体いつまでもつかしららら。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | 2 Comments

おもしろグミたち。グミでお寿司を握ってみたよ。

Meiji Sushi Gummy – do it yourself kit 私たちはグミが大好きな母娘。 こちらでは普段、ドイツ製の固めのグミ、ハリボー(Haribo)のゴールドベアや、オーガニックのお菓子を作っているヤミーアース(Yummy Earth)のグミ、そしてうさぎのマークで有名なアニーズ(Annie’s)のフルーツスナックなどを食べています。ハリボーのグミって、子供の咀嚼力を強めるために作られたのを知ってました?確かにこのグミ、噛みごたえありまくりですよね。それがまた美味しい。 もちろん美味しいのですが、ふと日本の定番果汁グミ(最近は野菜ジュース入りもできたんですね)やUHA味覚糖のシゲキックスが食べたくなります。果汁グミはやわらかさと弾力が絶妙な食感。 日本でMちゃんがとっても楽しいものを見つけていてくれました。その名も「にぎにぎおすしやさんグミ」!これには大興奮。食べるのがもったいないくらい 笑 4歳の大将にまずはまぐろとエビ、それから卵を握ってもらいました。 その他にも「もぎもぎフルーツ」や不二家の「アンパンマンのグミ」など楽しい日本のグミと一緒に帰って来たので、これからゆっくり楽しみます。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids | Tagged , , | Leave a comment

プリスクール用のお弁当(米国バージョン)

Kyaraben or Obento (bento) for preschoolers 日本では運動会や遠足の時にものすごいキャラ弁を作って子供達に大人気のお母さんがいるようですが、それに比べるとこちらのランチは本当に適当。見栄えがどうこうという概念はないようで助かります 笑 娘は最初、ファミリーデイケア(住居の一部をデイケアとして解放している小規模な託児サービス)に通っていたため、お弁当は電子レンジで温めてもらえたり、牛乳やヨーグルトなどもそのお家の冷蔵庫に入れておくことができました。が、より大きなプリスクール(義務教育以前の学校)に通い始めると冷蔵庫や電子レンジは使えないことがわかり、夏場や冬場でも安全で美味しく食べれるお弁当箱を探すことになりました。 そこで決めたのが世界に誇る象印のこれ!米国でも大活躍です。Viva Zojirushi!! このお弁当箱(4歳児にはかなり大きい?)は、全部で4段。下の2段は魔法瓶効果で温かくも冷たくも保てるのが特徴です。娘は下2段に主食とおかず、一番上に冷やしたヨーグルト(スティックタイプのものがラクチン。冷凍庫にいれてフローズンヨーグルトにもできます。娘のお気に入りはこのチェリー味)やフルーツ、2段目は午後イチのおやつの時間用スナックをいれて持参しています。 でもやっぱり、子供の成長にとっても良さそう(で且つ美味しそう)なお昼ご飯を出してくれる日本の保育園や幼稚園は永遠の憧れ。9月から通い始めた新しいプリスクールは、幼稚園も併設されている大きな学校でスクールランチも希望者は購入することが可能です。デビットカードのようなものを各児童用に準備してくれていて、親はオンラインでお金を振り込んでおけば、かなりフレキシブルにスクールランチを買ったり、ミルクだけ買う事もできる良心的な制度。ただ、ランチメニューを見る限り、必ずしも毎日娘に食べさせ続けたいものでは・・・ないんですよね。それに、お弁当だとどの位食べたのか残した分である程度わかりますが、スクールランチではわからないので私としては娘が「お弁当がいい」と言ってくれている間は続けられるだけ続けたいところです。 今回日本へ行く事が決まってから、かわいいお弁当箱がないかオンラインで調べていると、娘の大好きなミッフィーの保冷剤ケース付きの可愛らしいお弁当箱を楽天で発見!楽天経験もアカウントもなかったので、楽天を活用しているHちゃんにお願いしました。そして手に入れた実物がこれ!イエイ! お弁当を残さず食べた子供が読めるメッセージまでつけられるようになっていて、可愛らしい♪いちいち反応し過ぎかもしれませんケド、可愛いのはもちろん、ジッパーからお弁当ケースの内側の作りまで、ホントにしっかりしていて感動なんです。日本では当たり前のレベルが当たり前ではないことが多いので・・・ まだ一度も使っていませんが、初めてこのお弁当箱を持たせる時にはちょっと頑張ってなんちゃってキャラ弁のようなものを作ってみようかと思う今日この頃です。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , , , | 5 Comments

日本で年越し!

Spending Osho-gatsu (Japanese New Year) back in Japan!! 突然ですが、今年の冬に日本に帰省できることになりました!!ヤッター!! できるなら2ヶ月位はいたいところなんですが、滞在期間は3週間。それでも日本に行ける、更に日本で年越しができるだなんて、今からかなり興奮しています。仙台、東京、横浜、大阪に行きたいんですよね。JRのジャパンレールパスも買おうかな。3歳児と一緒なので欲張りなのはわかっているんですが・・・ 出発まで3ヶ月きっているので、これから日本でしたいこと、食べたいもの、買ってきたいものなどを色々とリストアップしていきます。 日本への帰省中には、 1)できるだけ家族や友達と一緒に時間を過ごしたい! 2)日本ならではの経験を娘にさせてあげたい! 3)次に日本に行けるまでの間、こちらで必要なものを揃えて持って帰りたい! 過去の経験から個人的にぜひとも持って帰りたいのは 娘の日本語学習お助けグッズ(かわいい文房具も!) 運びやすくて保存の利く便利な日本食材やおやつ 日本ならではの便利なもの色々(ありすぎますケド) などですかね。温泉も行きたいし、色んなご飯も食べたい~。でも、何より健康で3週間を過ごして無事に帰ってこれるように欲張りすぎずに計画しようと思います。 みなさんが回答してくださったアンケートの結果も参考にさせて頂いて、今回の一時帰省を私なりの日本のいいとこ探しの旅にできたらいいな。

Posted in お母さんへ For moms, アンケート結果 Survey results, レストラン Restaurants, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 子供のおやつ Snack for kids, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 日本語学習 Learning Japanese, 本 Books, 温泉 Hot Springs, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

レイバーデーにりんご狩り

Fuji Apple – Japanese Apple 米国では今日はレイバー・デーと言う祝日です。こちらでは珍しい3連休の最後の日。子供達は明日から学校というパターンが多く、今日を持って暦の上では夏が終わり、秋が始まります。 3連休はとってもうれしくても、寒さが苦手な私としては少しブルーな気分にもなる今日、気分を盛り上げるためにりんご狩りに行ってきました。こちらではPick Your Own(自分で収穫)と言います。 日本びいきでという訳では特にないのですが、我が家ではりんごと言えば、ふじりんごしか食べません。甘くてジューシーでとっても美味しい! でも、りんご狩りの初日とも言える今日はまだFujiりんごの季節ではないのでマッキントッシュ(McIntosh)という種類のりんごと、ピーチが旬でした。岡山の白桃のように果汁たっぷりの桃は残念ながらこちらにはないので、少し固めのネクタードリンクそのもののようなお味のピーチになります。 こちらの果樹園や農場には、子供向けに羊やヤギ、うさぎ、鶏に七面鳥などの動物達に餌をあげられる小さな動物園(Petting Zoo)や、色々な遊具で遊べるコーナーが併設されていることが多いです。今日行ったところでも餌やりや遊具でたくさん遊ぶことができて、お天気はイマイチでもたくさん楽しむことができました。 肝心の収穫したりんごのお味はやっぱり酸味が強め。そのままでは食べにくいので、シナモンとブラウンシュガーで早速煮ておきました。明日、パイ生地に包んでアップルパイにしようと思います。 Fujiりんごの季節は9月末から10月中旬とのこと。ハロウィンのかぼちゃ狩りとあわせて今年はもう一度りんご狩りに行きたいな。でもやっぱりいつか日本で本場のふじりんご狩りや、山梨や岡山で美味しい桃狩りに娘を連れていってあげたいです。

Posted in 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 日本でぜひ Viva Japan, 乳幼児 Little munchkins | Tagged , , , , , | Leave a comment