Category Archives: 妊娠・出産 Enjoy maternity life

防災グッズ:有効期限の切れたホッカイロたち

Expired hand warmers from Japan and how we can prepare for a disaster or an emergency 今日もすごい吹雪。家から出れる状態ではないので、ふと思い出して我が家の防災グッズのチェックをしました。震災後、仙台の両親からとにかく備えだけはしっかりしておくようにと強く言われ、万が一に備えて必要なものをプラスチック製のストレージボックスに入れておいたものです。幸い、これまで使う必要がなかったのでずっと開けていませんでしたが、この機会に数年振りの棚卸し。中に入っていたものは以下の通り。 ・手動式懐中電灯(電池式のものは普段冷蔵庫の上に常備しています) ・ポータブルラジオと乾電池 ・手袋(軍手がなかった為) ・ゴム手袋(医療用の手にぴったりフィットするタイプ) ・カセットコンロ(イワタニ製) ・カセットガス ・ハンドサニタイザー ・マスク(大人用) ・のど飴(完全に賞味期限切れでアウト 涙) ・耳栓 ・綿棒 ・爪切り ・ミニ救急セット(絆創膏、包帯、消毒用アルコールなど) ・キャンプ用トイレットペーパー(とてもコンパクトで省スペース) ・娘の夜用おむつ ・娘用の絵本、おもちゃやぬいぐるみ(どれも小さいサイズのもの) ・生理用品 ・ホッカイロ ・靴下(厚手のもの) ・使い捨ての下着(出産時に病院でもらったもの) ・サバイバルシート(銀色のコンパクトに折れるもの) ・歯ブラシ(大人用) ・くしと髪の毛用のゴム ・メモ帳と鉛筆、色鉛筆(自分のメモと子供用) ・丈夫なゴミ袋(物を運ぶ用だけでなく、段ボール箱に入れて給水バケツ代わりにすることが可) … Continue reading

Posted in お母さんへ For moms, 着るもの Looking gorgeous, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

世界初のプロバイオティクス、ヤクルト!

Thank you, Dr. Minoru Shirota for inventing Yakult for the world! 米国では毎年秋になると、小さい子供や妊婦さんだけではなく、大人もインフルエンザの予防接種を受ける事が一般的です。私も娘も初秋に受けていたのですが、どうやら今年のワクチンは狙いが外れたとのことで効果が期待できないとか・・・??それでというわけではないのですが、今年は秋からどうも体調を崩す事が多くて困っています。娘のプリスクールでも例年以上に子供達が色々な症状を訴えてはお互いにうつしてしまっている状態で、我が家の熱さまシートはそろそろ在庫がなくなります。なかなか普段のペースで生活できないというのはストレスになりますよね。 私が娘を妊娠していた頃、先輩ママでリサーチ好きなお友達のAちゃんからプロバイオティクスについて色々聞かされました。彼女の息子Kくんは生まれてしばらくは風邪などをひきやすく、喘息もあったため、Aちゃんは病気になりにくい体を目指す事について色々調べていました。当時納豆やヨーグルト位しか知らなかった私ですが、今年はさすがに体調を崩す事が多いので何かしてみようと決意。娘にはプロバイオティクスの乳幼児向けタブレット(そのまま食べれるタイプ)を買ってみました。こちらではかなりメジャーなCulturelleというブランドで、お腹が弱い子供を持つお母さんたちの間では有名なものです。幸い娘は内蔵系も強かったので、今まで試してみる事がありませんでしたが、本人は「美味しい♪」と言いながら喜んで1日1粒食べています。結構がっちりした個別包装になっていて、その辺りも娘にとっては「スペシャルなもの」感があるみたい。効果の程はまだわかりませんが、とりあえず春が来るまでは継続してみようと思っています。 先日、東海岸に展開している韓国系スーパーマーケットのHマートでヤクルトを見かけて、懐かしくて思わず買ってみました。でもお値段が結構するんですね、5個入りで$3.79。日本では一体いくら位でしたっけ?こちらではヤクルトUSAが南カリフォルニアで作られたヤクルトを全米各地へ展開しているとのこと。英語読みのため「ヤクルト」ではなく「ヤカルト」と発音されています。USAのサイトではビデオで商品が開発された歴史、ヤクルトの製造工程を説明していて少し勉強になりました。1935年から今までたくさんの人たちのお腹の健康をサポートしてくれてたのですね。 日本では、全国にある工場を無料で見学することができるそうなので近くに行くことがあったらぜひ。ヤクルトが化粧品や麺類も作っていたとは知らなかったので、湘南化粧品工場を見学してみるのも面白いかもしれません。貧しい人でも健康を手に入れられるよう「ハガキ1枚煙草1本の値段で買えるヤクルト」を経営標語とされていた代田稔(しろた・みのる)博士、うちの娘も美味しく飲ませてもらってます(こっちではちょっと高いですけど 笑)。ありがとう!

Posted in お母さんへ For moms, 飲みもの Drink, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 子供のおやつ Snack for kids, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

出産時にポカリスエット

Pocari Sweat – one of the things I brought to the hospital when I delivered my daughter Sちゃんの妊娠報告を聞いてとっても幸せな気持ちの私。米国での出産についてアドバイスがあるか聞かれ、ここのところ4年前の自分ことを色々思い出しています。 娘の出産直前のこと。初めての出産でドキドキわくわくしながら、病院にいる間どんなものがあったら便利かなと色々考えました。初産は長引くことが多いと聞いていたので、産まれてくれるまでの時間、どうしたらリラックスして過ごせるかを考えて。 DVDプレイヤーとCDプレイヤーがある病室だったので、リラックスできるようにIZのCDと皇帝ペンギンのDVDを持って行きました。夜9時頃入院し、翌朝11時に産まれるまで12時間以上あったので、結果的にかなり役立ちました。夜通しやさしい音楽をかけながらミュートでDVDも流しつつ、深々と降る雪を窓から眺めていました。翌朝は雲ひとつない快晴でとってもキレイでした! 病院の方針や個人のケースによって、産気づいてから飲食しないよう指示される場合もありますが、私の場合は大丈夫だったのでかなりたくさん飲んでいました。いつもより喉が渇いていたのかな?飲みすぎてむくんじゃう位 笑 お水だけをたくさん飲めないタイプなので(こちらではお茶の種類があまりないので普段はセルツァーを愛飲しています)、準備していったのがポカリスエットとC1000レモンウォーターの500mlペットボトル。アジア系食材のお店で購入したものをクーラーボックスに入れて4、5本は持って行ったと思います。 その後存在を知ったのですが、ポカリの粉末タイプはとっても便利です。更に、1リットル用の小分けパックではなく、家族用(お徳用?)のサイズがあることも判明し、1リットルにこだわらず好きな量を必要な時に作れるのでとても重宝しています。ゲーターレード(Gatorade)などこちらでメジャーなスポーツドリンクの色の艶やかさがちょっと苦手なので、風邪をひいた時などはもっぱら粉末ポカリ派です。自分が風邪になりそうだなと思ったら、初期の段階でセルツァーの1リットルペットボトルに何本も作っておいて、ひたすら飲んで水分補給しながら休む・・・という感じ。 ポカリスエットに馴染みのないこちらのお友達は、商品名にかなり抵抗があるようでなかなか飲んでみようとしません。なぜならスエットは「汗」なので、スポーツドリンクの名前に「汗」がついているのがイマイチだとか。確かにそうかもですね 笑 そういえば、出産の際はお弁当も持参しました。「産後はものすごーく食欲が出るよ」と聞いていたので、病院のご飯や近所のテイクアウトよりも、産後最初のご飯は好きなものがいいかなと思って。大好きな鮭を焼いて、ゆかりやかつおのふりかけをかけたご飯にほうれん草とブロッコリーのごま和え。陣痛が始まってからも、病院に来るように指示されている間隔になるまでしばらく時間があったので、その間家で気晴らしに料理したりするのは意外と良かったかも。実際、産後に好物の和食を食べれたのはとってもうれしかった♪今娘が鮭大好きっ子に育ったのはそのせいもあるのかな??? Sちゃんの初めての出産が、米国ならではの良いところと日本の良いところを合せたハイブリッドの素敵な経験になりますように!今から赤ちゃんに会える日が待ち遠しいです。

Posted in お母さんへ For moms, 音楽 Music, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , , | 1 Comment

離乳食の時期もその後もハイハイン!

HAIHAIN – perfect teether and little snack for your little ones 亀田製菓のハイハイン。 これ、小さい頃はもちろんですが、今でもあると食べたくなる私の大好物です。食感も味も大好き♪昔からのロングセラーですよね。 最近では野菜入りのものや小分けされたタイプなど、色々なバリエーションが出ているようです。娘が離乳食の時期や歯が生えてグズっている時どれだけ欲しかったことか!たまにアジア食材を売っているお店で売っていると買い占める勢いで買っていたのを思い出します。でもやっぱりこちらで買うと高いんですよね〜 2009年7月のリニューアルの際、それまで生後5ヶ月頃からとされていた表示が7ヶ月頃からと変更されたのは東京都の「ベビー用おやつ」の安全性に関するガイドラインの「離乳食の進め方の目安」に基づいてとのことだそうです。ガイドライン等は常に変わるもので、蒟蒻畑など他の商品も同じく、最終的には保護者である私たちがしっかり注意していかないとですよね。 今日、スーパーで買い物をしていたらこんな商品を見つけました。COCO Liteという商品名のWheat Pop Cakesです。うれしくなって早速ホールウィート(全粒粉)のものを買って娘と食べてみました。ハイハインと食感がそっくり!大きさは娘の顔より大きく全然違いますがとっても懐かしい気持ちになれました。しかもホールウィートがあるのがヘルシーでうれしい♪お値段も輸入されたハイハインに比べてとてもお手頃だったのでこれからもちょこちょこ買う事になりそうです。ネットで見る限り味の種類も色々あるようですが、ハイハイン代わりに小さい子供用に利用するならオリジナルかホールウィートがいいかもですね。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 子供のおやつ Snack for kids, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

ホットな便座 vs ホットな車の座席

Which would you prefer, warm toilet seat or heated car seat? きっと海外にしばらくいて日本に帰った皆さんはお気づきかと思いますが、日本のトイレって本当にキレイです。新宿高島屋のトイレやパウダールームは、きれいなのはもちろん窓からの眺めもすごいですよね 笑 そして日本はウォシュレット普及率が高い!妊婦さん、出産直後のお母さんには気になるところかもしれません。最近では米国にもTOTOができてウォシュレットを購入することが可能になっています。ただ、近くにディーラーがあっても一般的な普及はまだまだなので、やはり割高&高級感は否めません。ウォシュレットだけだと携帯用タイプなんていうのも今はあるんですね。赤ちゃんのおむつ替えにも使えるだなんてびっくり! 我が家は自家用車なしのジップカー生活ですが、BMWやAudiのシートヒーターを初めて経験した時はびっくり!あれ、一気に温かくなってなんだか暑くなっちゃう位です。車内の快適さを求めて座席を温める位なら、それより頻繁に座るであろうトイレの便座シートにも同様の快適さを求めていいと思うのですが・・・車社会のアメリカだからこそ、トイレより車が優先なのかな?? 日本に一時帰国すると知った職場のお友達Dちゃんが、100円ショップでぜひ買ってきて〜とお願いしてきたアイテムがあります。それはなんと便座シート!笑 これは粘着面でぴったりくっつくタイプのようですが、これでいいのか不安に思いつつ買ってきたらとっても喜んでくれました。 どうやら日本の100均商品紹介のブログ?か何かで写真を見つけて欲しくなったそうです。「トイレのシートって冷たいからね〜。これなら簡単に着けられるし!」とDちゃん。日本だと電気で温められてることが多いんだよ、と教えてあげたら「それも知ってるけど、こっちだと芸能人とかスポーツ選手だけでしょ?そんなファンシーなトイレを持てるのって。」と。確かにこちらでは「セレブのトイレ」かもしれませんね。あーあ、春はまだ先、こっちでも温かいトイレとウォシュレットが手に入りやすくならないかしら。

Posted in お母さんへ For moms, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

子供からマスクをつけたくならないかな

cutest Japanese masks – too cute this cannot be just for kids!! 日本では風邪の時だけでなく花粉症の季節にもマスクが大活用されますよね。以前SARSが流行した時など、日本だけでなくアジア各国でマスクを着けて街を歩く人々が各国のニュースや様々なメディアで紹介されていました。 でもそのような慣習がないこちらでは、もしマスクをつけていると「この人どうしちゃったの?!」と警戒されてしまいます。旅行先のアジアでマスク着用率が高いのを見て、「すっごい面白いものを見ちゃった〜」と語る人もいます。自分の風邪(ウィルス)を出来るだけ他の人にうつさないようにとする配慮は素晴らしいと思うので、個人的には日本のようにマスクをする文化がこちらにもあったらいいなと思うのですが。それに、なんとか風邪を予防したい妊婦さん達も、変な目で見られることなく堂々と街中でマスクして歩けたらいいですよね。 娘の大好きなミッフィーやアンパンマンのかわいいイラスト付きマスク。それからKちゃんと上野動物園に行った時に、上野駅の中の薬局で見つけて思わず買ってしまった「三次元こども用マスク いちごの香り」。風邪をひいてなくともつけたくなるようなかわいいマスクたち。立体感もいい感じでぴったりフィット。こんないいものがあったら、米国でも子供から「他者のためにもマスクをつけようムーブメント!」が始まる・・・なんてことはないかな。 風邪の予防や他の方への配慮が素晴らしい日本。でも先日帰国した際にちょっと気づいた事がありました。日本だと咳をする時、自分の口を手で覆いますよね?こちらでは、プリスクールでも教えていますが、咳をする時は腕で口を覆うようにと言われます。イメージ的には腕の関節の辺りの内側で口を覆う感じ。その理由は手で口を覆ってしまうとその後色々なところを触るので手から菌を広めてしまうから。納得。日本にいる間は当たり前のように口で覆っていたけれど、これに関しては米国流でいこうと思います。 今日は娘が風邪でダウンしてしまいプリスクールをお休み。私は家で仕事をしました。今は私の横でアンパンマンのマスクをしながら、熱さまシートをおでこに貼って、「となりのトトロ」のDVDを観ています。アンパンマンの風邪薬も飲みました。なんだかものすごーく日本のいいもの達にお世話になっている金曜日の夜です。早く良くなるといいね。 それから旧正月をお祝いするみなさん、Happy Horse Year to you all!! みなさんの一年が健康で素晴らしいものとなりますように!

Posted in お母さんへ For moms, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | 1 Comment

こんにちは赤ちゃん!

Welcome to the world, baby! in Japan vs U.S. 本日大学のお友達Rくんのところに可愛らしい男の子が誕生しました!おめでとーう!! 朝から幸せなニュースにこちらもうれしい1日のはじまり。奥様、大仕事お疲れ様でした。そして新米パパ&ママ、本当におめでとうございます♪健やかでハッピーな赤ちゃんの成長をお祈りしています!どんな名前になるのかな、今から楽しみ〜 日本では病院で出産すると、通常1週間位入院してお母さんの回復をサポートしながら、授乳のコツや沐浴の方法など赤ちゃんのお世話についても教えてもらえますよね。米国でも昔はそんな時代があったそうですが、今は帝王切開した場合産後3日で退院が主流です。私の場合は自然分娩だったので産後たったの2日で退院。何がなんだかわからないまま家に帰った感じ 笑 それから、日本のような出産育児一時金の支給が米国には残念ながらないのです。日本で出産すると42万円も支給されるのですね。そんな制度が日本にある事を知ってどんなに羨ましかったことか!笑 さらに大きな違いは産前休業。日本のように予定日の6週間前から産休に入るという文化は米国にはありません。こちらでは、フルタイムで働いていて出産すると、一般的に3ヶ月の育児休暇を取る事ができるのですが、なにせ3ヶ月だけなので誰も出産前に休もうとは思わないんですね。赤ちゃんが出てきてから休みを取りたい。・・・なので、予定日まで、もしくは予定日を過ぎても皆普通に働いていることがほとんどです。日本の感覚では信じられないかもしれませんが「日中職場で産気づいてそのまま病院に行けたら一番いいわ」と言う人も多く、定期検診や出産時の利便性を考えて職場の近くの病院を選ぶ人も少なくありません。そして、産休中は原則無給(涙)なので、その間に利用できる有給休暇や病気休暇を貯めておいたり、任意のshort term disability insurance(短期傷害保険)に加入しておいたりします。 What to Except When You’re Expectingは妊娠・出産本の往年のベストセラー。私も妊娠がわかった時にプレゼントして頂いて熟読しました。この本、あまりにもロングセラー過ぎて、歴代の表紙の妊婦さんの変わり様が面白いんです。日本の本で楽しんだのは先輩ママTちゃんがプレゼントしてくれた「安産のための体と心をつくる Happyマタニティ・ヨガ」。ヨガのクラスにこちらで通うことができなかったけれど、毎朝出勤前にこの本を使ってリラックスしたりしたのがとても良かったです♪ 近くに家族がいない中での初めての出産、育児だったので最初はアタフタ。でも日本の育児本にも助けられました。レタスクラブの「新・生活便利シリーズ 初めての妊娠・出産」と「安心育児シリーズ 赤ちゃん育て方百科」には特にお世話になりました。海外で初めての妊娠・出産をする方にはぜひチェックして欲しい本です。それから、愛情こもったおにぎりで有名な森のイスキアの佐藤初女さんの「初女さんからお母さんへ 生命のメッセージ」も心に染み入りました。 どこに住んでいても妊娠・出産・育児はできるだけストレスを少なく、楽しめるのが一番ですよね。妊婦さん、新米パパ・ママさんの毎日が、少しでもリラックスして楽しいマタニティ&育児ライフになりますように♪

Posted in お母さんへ For moms, 妊娠・出産 Enjoy maternity life, 日本のこと About Japan, 本 Books | Tagged , , , , | 1 Comment