Category Archives: つぶやき Random thoughts

今年のバレンタインは食べれないものを。

Very Japanese-y Valentine’s Day gift for someone special – it’s not edible like the last year’s gift! ここ数週間、私の住む地域は大雪・吹雪にかなりやられ気味です。娘のプリスクールを含め、公立の学校は全て今週1週間休校になり、来週1週間の冬?休みと合せると2週間も学校がないことになってしまいました(しかも2月と4月に1週間ずつのお休みがあるのが働く母にはとても大変 涙)。 道ばたには雪かきしても降り続ける雪が山積みに。街では路上に駐車するケースが多い為、車の上に大量の雪が積もりかまくらが並んでいるようにみえます。バレンタインデーの今日も、またまた大雪警報が出ており、明日は地下鉄やバスの全面運休が決定しました。これ以上積もる場所がない状態ですが、事故などないことを祈りつつ、自家用車を持たないことをちょっとありがたく思ってみたり。 昨年のバレンタインは、日本に住む両親へとらやのバレンタインギフトを送った私ですが、今年は少し違う路線で攻めてみました。小さい頃から何かにつけて「辞書をひけ」と言ってきた父は、日頃からちょっとした時間を見つけては様々なジャンルの本を楽しんでいます。そんな父と母が二人で楽しめる本を送れたらいいなとアマゾンで色々見てみたものの、本のギフトって結構難しいですね。最近出た本もチェックできていないし、今どんなテーマに興味があるかもわからないし・・・そこで雑誌の定期購読をプレゼントすることにしました。これなら、1冊の本に限らず、様々な内容を、1年を通じて楽しんでもらえます。日本を離れてもう8年目の私には、流行の雑誌など全く未知の世界なので、王道?の月刊誌「致知」を贈りました。 海外にいて、日本の両親に何かを送りたい時、最近は何でもクレジットカードでオンライン決済ができるので本当にありがたいです。注文してから1週間程度で届き、メッセージ付きで日本のバレンタインデーにもばっちり間に合いました。予想通り二人ともとっても喜んでくれたのと、1度だけでなく、これから12ヶ月楽しんでもらえると思うとなかなか良いアイディアだったかも♪ 午後は娘のお友達Aちゃんのお誕生会に行ってきました。彼女のお家で久しぶりに一緒に遊べて、子供達は大喜び。娘はなんと1週間ぶりの外出だったので、同じ年のお友達と過ごす時間がとっても楽しかったみたい。ゲームやフェースペインティング、ピニャータなどを楽しんで先ほど無事帰宅。 Aちゃんのおばあちゃんと話していたら、彼女のお兄さんが沖縄から持って帰ったという古い着物を出してきてみせてくれました。彼女へのおみやげだったそれは、今のAちゃんにぴったりのサイズ。私の祖父は沖縄戦で亡くなり、お墓には遺骨の代わりに沖縄の浜辺の砂が入っています。大好きな祖母は、その後生涯独身で女手一つで私の母たちを育てあげました。 楽しそうに遊ぶ子供達を眺めながら、Aちゃん家族と色々お話をしました。沖縄戦に行って無事帰ってこれたAちゃんのおばあちゃんのお兄さん、以前素晴らしい日本人の上司を持ったことで、日本の文化に興味を持ちいつか日本も訪れたいというAちゃんのお父さん、ジブリの映画が大好きで、ほとんどの作品をコレクションしているAちゃんやその兄弟姉妹。昨年帰国した際に、日本で撮った娘の七五三写真を携帯で皆が見る中、私はAちゃんのおばあちゃんの古い沖縄の着物を手にとり、今は亡き祖母や、一度も会った事がない祖父のことを考えました。 同じ家の中で色んな世代の色んな人たちが、こうして一緒に楽しい時間を過ごせていること。うまく言葉にはできないけれど、平和っていいな、こういう空間って愛おしいな・・・と思った雪の日の午後でした。 Advertisements

Posted in つぶやき Random thoughts, 着るもの Looking gorgeous, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

2015年もよろしくお願いいたします!

Happy 2015 to you all! 明けましておめでとうございます。 世界中で暮らしている皆様にとって、本年が健康で笑顔に満ちた年になりますように。 大晦日は思い立って娘と餃子を作って食べました。大晦日まで仕事があり、一般的に元旦のみが祝日の米国では、あまり日本のようなお正月モードにはなりません。でも、今朝は素晴らしいお天気に恵まれ、家中のカレンダーを取り替えたり、「人生が変わるよ!」と勧められ新しく購入した電動歯ブラシを稼働してみたり(笑)、おかげさまで気持ちも新たに素晴らしい年を迎えることができました。 昨年は秋から体調をくずすことが多かったので、今年は健康第一に楽しく暮らしていきたいと思っています。娘ももうすぐ5歳。新しいことに一緒にチャレンジしていきます! 今年は世界の色々な国で暮らしている方へロングインタービューをさせて頂き、その内容をシェアさせて頂きたいと思っています。これからもマイペースにやっていきますのでどうぞよろしくお願い致します。 2015年1月1日 ちひろ

Posted in つぶやき Random thoughts, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , | Leave a comment

(つぶやき)ゆく年くる年

Different Vibes During the Holiday Seasons サンクスギビング/感謝祭(米国では11月第4木曜日、カナダでは10月第2月曜日の祝日)が終わると、米国ではクリスマスの飾り付けが各所で始まります。クリスマスの他、ハヌカ/チャヌカやクワンザ などのお祝いもあり、店頭には様々なお祝い用の装飾品が並びます。このサンクスギビングの翌日はブラックフライデーと言われ、(江戸時代から続く仙台初売りまでとはいかないと思うのですが 笑)大特価の目玉商品が続々売り出されて、深夜から寒い中開店を待つ行列ができたり、クリスマスのギフト商戦が一気にスタートします。近年では、ブラックフライデーにかけて、サイバーマンデーなるものもあり、翌週月曜日にオンラインで特売品をアピールするお店もたくさん。更にはその翌月曜日にグリーンマンデーと称して更なるセールがあったり・・・とここ数週間は広告メールで私の受信ボックスがものすごいことになっています。もはやどこで何がどの程度のセールなのか把握不可!笑 米国の会計年度は一般的に1月1日から12月31日なので、企業からすると最後にいかに売りつくすか・・・ということなんですよね。「必要のないものまで買い過ぎた!」という人もいれば、「どうしても買いたいけれどなかなか難しいから」と、頭金を支払って商品を取り置きしておけるレイアウェイという制度を利用して買い物をする人もいます。子供達がクリスマスにプレゼントを全部で何個もらったか自慢しあったり、映画に出てくるような巨大なクリスマスツリーの下に何十個もプレゼントを並べなくてはと焦ったりするような状況は、個人的に良いとは思わないタイプなので、娘にはこの時期できるだけお店の激しいプロモーションに触れさせないようにしています。 なんだかここまで書くと、ギラギラしているシーズンのように聞こえてしまうかもしれませんが、年末のこの季節は一年でボランティア活動や寄付などの行為が盛んになる”Giving”な時期でもあります。街中ではボランティアが募金を呼びかけ、老人ホームや病院では大人や子供たちが家族のいない方などを訪れカードや歌のプレゼントなどをしたりします。「この時期だけしてもねぇ」と言う方もいらっしゃいますが、「この時期だけでも」何かしようと思う気持ちはいいことだと思います。12月の米国にはいつもと違う何かをしようと思わせる雰囲気があるのかもしれません。 こちらに住んで、改めて日本の年末年始に思いを馳せると、同じ12月でも日本では「今年1年を振り返り、新たな年を迎える準備をする」ということに皆さん時間をかけているなぁと感じます。大掃除もそのひとつ。忙しい中、お家の大掃除はもちろん、仕事納めの前にオフィスやデスク周りを整頓したりすることも「新年を厳かな気持ちで迎える」感覚のある日本の文化ですよね。米国では冬ではなく、春に大掃除をするスプリングクリーニングという慣習があります。これは長い冬が明け、暖かくなった頃に、家の地下やガレージの不要物を処分したり、フローリングやカーペットをすっきりさせたり、まさに日本の年末の大掃除的なお掃除をしたりするものです。春が来てから大掃除・・・という感覚は、今私のいる街では既にマイナス8Cになったりしているので納得ができます。ましてやセントラルヒーティングのない時代には年末だからと窓を開け放って大掃除しようとは思わないですよね。 だからというわけではないのでしょうが、年末に向けた大掃除がないことに加え、新年も日本のような三が日はありません。元旦は休みでも、下手するとカレンダー次第では2日から出勤になるのが日本人の私にとっては更に切ないところです。賀正モードゼロ!涙 育った文化や環境というのはこういうところでひょっこり影響してきますね。北米東海岸でこの時期を迎える度に、東北で静かに迎える年末年始の感覚が懐かしくなります。この一年に起きた事、出会った人たち、助けられた人たち、色んなことを思い返しつつ、たくさんの事や新しい年を迎えられるという事に感謝して、新たな年への抱負を立てる・・・そういった事が穏やかな気持ちでできる環境が私にとっての東北での年末なんですよね、きっと。やっぱり東北はいいなぁ。 とは言っても私は今ここにいるわけで。どこにいても、どんな環境でもそんな気持ちで一年を締めくくり新たな年を迎えることができるようにありたいと強く思う今日この頃です。 この写真は岩手県花巻市にある大沢温泉。先日東京に住むTちゃんがお休みをとって行ってきたところです。つるつるとろ〜り系でにおいなどは特にない泉質。こんな雪の中露天風呂で今年を振り返ることができる幸せ・・・私もこちらに来る前は、年末必ず仙台で温泉にゆっくり入りながら色々考えていたんですよねぇ。日本にいるみなさん、今月は私の分まで(笑)ぜひ近くの温泉へGo!  

Posted in つぶやき Random thoughts, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 温泉 Hot Springs | Tagged , , , | Leave a comment

(つぶやき)自由の国での引っ越し

Moving in the land of freedom 春、日本は引っ越しシーズン。Bちゃんは埼玉県から愛知県へ、Tちゃんは愛知県から東京都へ、Kくんは旭川から札幌へ引っ越す事が決まり、家探しから子供たちの保育園、幼稚園探しなどにとっても忙しそうです。Hちゃん家族も東京から北京へ引っ越し。国内の引っ越しも大変なのに、家族で海外への引っ越しとなると更に決断が必要なことが増えてきます。先日東京からシンガポールに赴任したTちゃんも、ホテル暮らしをしながら先日決めた新居への引っ越し準備を進めているところ。どうかみんなが風邪などひかず、無事に新しいお家での生活をスタートできますように! それにしてもこちらは寒いです。せっかく3/9から夏時間(デイライトセービングタイム)が始まったというのに、春らしくなってくれません。昨日は最高気温が8Cと久しぶりにとても暖かくなり、半袖になっちゃう人もいた位なのに(8C で半袖自体ちょっと変かな?笑)、今朝は-7C、体感温度-16Cまで一気に冷え込みました。今年の冬は特に寒さが厳しくて、今朝も吹雪の中歩きながらちょっとブルーに・・・涙 私は米国に住んでもうすぐ丸7年。その間他の州へ1度、同じ州内で1度引っ越しました(これは2km以内のすぐ近所へだったのでジップカーで全て済ませましたけど 笑)。2014年、そろそろ寒冷地から温暖地へ引っ越したい!・・・と言っても決まった予定があるわけではないので、近いうち暖かい場所へ移住できるように色々と準備にしてみようかな。今日はちょっと脱線してそんな事を考えてみます。 引っ越す時、更には自らの意志でリロケーションしようとする時。日本国内でそうする場合に加えて、米国ではこちらならではの様々な検討要因があるかと思います。自由の国では州によって制度がかなり違ってくるので、良くも悪くも、自ら情報を探して学ぶ必要が多く難しいです。子供と一緒の引っ越しの場合は特にそうですね。 仕事(Work) 悩ましいのは純粋に手取りのお給料がいくらかというだけではなく、どんな福利厚生があるかが非常に重要になってくるところ。米国に移住してすぐの頃、「仕事を選ぶ時は報酬だけでなくどんなベネフィット(福利厚生)があるかが非常に重要」と聞いていたものの、ここまで重要だったとは当時はまったく理解していませんでした。 医療保険・歯科保険・眼科用保険(Medical/Dental/Eye insurance) 国民健康保険や社会保険に慣れている日本のみなさんにとってはびっくりだと思いますが、米国では一般的に医療保険、歯科保険、更には眼科で診療する際に適用になる保険が全て分かれています。そして、それぞれの保険の種類も多様なので、適用範囲や自分で支払う割合などは勤め先で加入できる保険や、州ごとに準備されている保険の種類によってかなりかわってきます。ここで前述のベネフィットの重要さがでてきます。雇用先を通じてこれらの保険に加入する場合、選べる種類にどのようなものがあるか、またそれぞれ自己負担率はいくら位になるのか・・・これらの違いが大きく、まさに雲泥の差。日本ではフルタイムで働く場合月給が一般的かと思いますが、こちらでは隔週でお給料を支払われることも一般的で、その都度天引きされる各種保険代(自己負担分)を2倍にして月額換算してみるとびっくり!なんてことも多々あります。今振り返ると、日本での自己負担額やカバー率が信じられません。失ってみて気づくありがたさとはまさにこのことです。 引っ越し業者(Moving company) 日本人として世界中に叫んで知らせたい(笑)ことのひとつに、日本の宅急便・宅配便の素晴らしさがあります。箱、スーツケース、ゴルフバッグ、その他なんでも思いつくものを、常温はもちろん冷蔵や冷凍状態のまま送ることができ、且つ配達時間を1時間単位で指定できてしまう。当たり前のように翌日受け取れたり、指定通りの時間帯に正確に届いた挙げ句、サービスが半端なく丁寧で安い!!!!こんなサービス世界中どこ探してもありませんよ〜。私が愛してやまないのはクロネコヤマトさん。震災の時も東北の被災地へいち早く物資を届けてくれ、私の実家でも大変お世話になりました。両親曰く、配達のお兄さんは、自分の家が流されて避難している状態で仕事に戻って配達をしてくれていたそうです。涙が出てしまいます。本当にありがとうございます! そして素晴らしいのは日本の引っ越し業者さんの手際の良さ&サービスの丁寧さ。このスーパーハイレベルなサービスにすっかり慣れてしまっている日本人としては、その感覚を引きずったまま海外生活に突入するとかなり厳しいものがありますよね。他州への引っ越しで気が重くなるのが引っ越し業者さんの手配。見積もり云々もそうですが、実際に運ばれた物がどんな状態になっているか、考えただけでドキドキしてしまいます。なので口コミやレビューはとっても重要。でもレビューが良い会社でも、実際に担当してくれるスタッフの方で当たり外れが大きいことがどうしようもならないのも切ないポイント。日本に住んでいたらぜひ利用してみたいアート引越センターのレディースパック。女性ならではの荷造りや荷解きをお願いできるだなんて、一人暮らしの女性でなくとも実際経験してみたいですね。とにかくこちらに住んでいるからには、自ら梱包上手にならないと! 住む場所(Where You Live) これは米国に限らず日本でもどこでも同じだと思いますが、新しい街のどこに住むかはみなさん悩みますよね。住む家/アパート/マンションの安全や便利さ、そこからの通勤経由や時間もそうですが、子供がいる場合は特に新しい学校をどこにするかが重要なテーマ。こちらでは、子供の学校を決めてそこから逆算して住む土地を選ぶ家庭も多いです。 私が今住んでいる街では地下鉄や電車、バスが充実していて更にジップカーのようなサービスもあるため、車を持たずに生活することが可能です。が、米国のほとんどの都市において車なしで生活することは難しい為、通勤はもちろん子供の送り迎えで車に乗る時間は増えてきます。小学校や中学校までの道のりを子供だけで歩いたり電車で通学している日本の風景は残念ながらこちらでは見られません。米国から最近日本に戻ったBちゃんは、小さな子供だけで道を歩いているのを見るとドキドキすると言っています。 思いつくまま挙げてみましたが、やっぱり住み慣れた土地を離れて新しい生活を築くことって世界のどこにいても一仕事。この春新しい生活を始めるみなさん、これまで住んでいた街での思い出をたくさん作って、新しい街での生活も思いっきり楽しめるといいですね♪アンケートでは、普段歩いている道や通勤途中の景色を写真に撮っておくことをオススメするとの回答が複数ありました。他にも素敵なアドバイスがたくさんあったので早く集計してみなさんにご報告できるようがんばります! 我が家のキッチンにある米国の地図。娘がまだデビューしていない地域を一緒に眺めては、どこに行ってみたいか話しています。「日本は朝なのになんでここは夜なの?」など、時差について聞かれることが増えてきたので、そろそろ地球儀が必要かもしれません。世界地図を娘と一緒に見ている時、日本語読みで国名を教えるべきか、英語(現地語)読みにするかで悩み中なのですが、みなさんのご家庭ではどうされていますか?

Posted in お母さんへ For moms, つぶやき Random thoughts, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins | Tagged , , , | Leave a comment