Monthly Archives: June 2014

二郎は鮨の夢を見る

Sushi – our #1 choice of Japanese food we want to enjoy back in Japan 海外在住の日本人のみなさんへお願いしているアンケートで、「今日本に行って食べたいもの」を聞いています。ダントツでトップはやはり「お寿司」。日本でしばらく暮らしたことがある人ならきっと、日本のお寿司は忘れられないことでしょう。 写真はWIREDさんよりお借りしています。 先日、日本にまだ行った事がない米国人の友達からJiro Dreams of Sushiというドキュメンタリー映画を勧められました。彼女はこれを見て、日本に行ってみたくなり、日本のお寿司をいつか必ず食べに行こうと決めたそうです。日本語版のタイトルは、「二郎は鮨の夢を見る」。数寄屋橋にあるすきやばし次郎の店主である小野二郎さんや二人の息子さんらが紹介されています。料理評論家の山本益博さんも登場しています。このお店は4月にオバマ大統領が来日した際に、阿部首相との夕食にも利用されて話題になっていましたね。 このドキュメンタリーを見て、登場するお寿司を食べたくなることよりも、私は職人魂や、修行すること、一生をかけて信じる何かにのめり込むことなどについて色々考えさせられました。最近ではそういう世界を直接感じられる機会がないけれど、こういった情熱や信念、こだわりの強い方達が一生かけて築いているものがあることにとても惹かれます。そして皆、「極めるといっても、何が頂点かはわからない」というように終わりのないものとして道を進んでいらっしゃいます。 すきやばし次郎、銀座の久兵衛などはもちろんですが、気軽に食べられているお寿司やさんでも「当たり前」とされていることを、海外で求めることがいかに難しいかを感じさせられます。そして、自分自身についてもこだわりを持って何かに情熱を注ぐということがどれだけできているのか振り返るきっかけとなりました。 Facebookを通じて知った「失われゆく鮨をもとめて」という本が気になっています。次に日本へ行く時には、この本をぜひ読んでみたいと思います。そして美味しいお寿司を食べられる幸せを思いっきり味わってきたいです♪ ※米国在住の方は、Netflixでこのドキュメンタリーを見ることができます。 (Available on Netflix for those who are in U.S.) Advertisements

Posted in アンケート結果 Survey results, 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan | Tagged , , , | Leave a comment