Monthly Archives: February 2014

針なしホチキス10枚とじ!

Ultimate staplers with no staples – safe for kids and eco for all of us! 針なしホチキスって以前からあったと思いますが、今は10枚とじれるすごいタイプがあるんですね。文具と言えばコクヨ!デザインアワードから商品化された面白い文具もあり、文房具好きの私としては、働いてみたいメーカーのひとつ。浅草橋のシモジマで最新文具チェックやシールを色々買うのが次回の日本滞在での夢ですから 笑 10枚とじれる針なしステープラー ハリナックスは、 2013年の9月に販売されたとのこと。これかなりいいですよ。シールや紙を使った工作が大好きな娘に、安全なホチキスをと思っていたところだったのでとても嬉しい商品です。 クラフト用紙を重ねたり、娘の描いた絵やメモをとじてみたり、色々楽しんでいますが私が使うことも多いです。仕事の資料や医療保険の明細など家で整理する際、これまではホチキスの針がいやでそのまま重ねていました。そうすると後から見返す時に時間がかかってしまってちょっと不便だったんですよね。10枚とじることはまずありませんが、このちょっとした2、3枚のまとめものが多いのでかなり活用しています。 米国のタックスリターン(確定申告)。いつも4月15日の期限ぎりぎりまで取りかからないで、夏休み最後の日に宿題をしている気分になっているので、今年はこのホチキスで整理された書類でさくさく仕上げようと思います! (2/18の追記) Cさんに閉じた後のクリップもあることを教えてもらいました。これなら思い切って10枚もいけちゃいますね! 我が家にあるのはハリナックスの「ハンディタイプ」ですが、この他に「2穴タイプ」や「コンパクト」などもあります。コクヨさんのページには「エコは当たり前、それ以上の価値をめざして」とあります。素晴らしい心意気! 更にサイトで紹介されていた活用法として「たとえば、食品を扱う企業では、異物(針)混入の心配がないのが嬉しいとか、幼児や高齢者を預かる施設からは、誤飲、怪我の危険がなく安心といった評価をいただきました。さらには、ペットが誤飲する心配がないので、汚れ防止の紙を綴じるのに便利という声も。」とのこと。確かに、使い道は色々とありますね~。

Posted in お母さんへ For moms, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

フリーズドライのお味噌汁と白石温麺

You won’t believe how delicious these freeze-dried miso soups are! お味噌汁があると、おかずが和風でなくても日本のご飯らしさが一気に高まりますよね。具がなんであれ、赤みそ、白味噌、合わせ味噌・・・どんな味噌であれお味噌汁のやさしさはココロと体にふわ〜っと染み入ります。 普段はスティックタイプの食塩無添加だしと、こちらで手に入る赤みそでお味噌汁を作っていますが、時間がない時や体調が悪い時にとっても便利なのがフリーズドライタイプのインスタント。フリーズドライのお味噌汁が登場したのはいつ頃なんでしょうか?こんなに美味しいとは驚きです!もう残りが少なくなってきましたが、大切に大切に味わってます。笑 これは日本のスーパーで普通に販売されているもので、特に「ごぼう」や「油揚げ」が入っているところがうれしい。 そしてオンラインでまとめ買いできるアマノフーズのお味噌汁。京風お味噌汁や茄子入り、しじみ入り、野菜がたっぷり入ったもの、減塩タイプなどもありこちらもおすすめ。箱入りで届くのでスーツケースに入れたり送ったりするのもラクかもしれません。このメーカーのものは、調べてみたら米国のアマゾンにも出品していてびっくり!輸入ものなので超(!)高級お味噌汁状態で私には手が出ませんが、今度日本でまとめ買いしてきたいなぁ。 娘の大好物の白石温麺(しろいしうーめん)。うーめんとは油を使わずに作られた10cm位の短い麺。小さな子供にも食べさせやすくて絶妙なコシがすごく美味しいのです。松田製粉のサイトによると、 「元禄の昔―。鈴木味衛門という親孝行の青年が当地白石におりました。味衛門の父親は、長年胃病を患い、味衛門は父親の身体を心配する毎日を送っておりました。父親はそうめんを食べたいと訴えましたが、そうめんは油を使ってあるからと、医者からは許しが出ませんでした。 そんなある日、旅の僧侶から、油を使わない麺の作り方を聞いた味衛門は、試行錯誤を重ねた末、ようやく父親に食べさせる事が出来るまでの物を造り上げました。それまでは、ろくに食べ物も口にできなかった父親は喜び、徐々に食欲も回復へ向かい始めました。 やがて父親の胃病は全快し、この話が時の殿様に伝わりました。殿様は味衛門の温かい思いやりの心を賞められ、親孝行の温かい心から生まれた麺を 「温麺(うーめん)」と御名付け下さいました。」 ・・・だそうです。これは本当に美味しいですよ♪ 最近娘が風邪でダウンしていた時、日本から持ってきた白石温麺を茹でて水でしめたものを、フリーズドライのお味噌汁に入れて食べさせました。普段は冷たいのが好みの娘も、温かくて美味しい〜♪とたくさん食べてくれたのでよかった。熱々のお味噌汁に冷たい麺を入れるので、ぬるくなるまで待たなくて良いのも便利。子供が病気の時は、いつ何を食べたくなるか、食べられるかがなかなか読めないので、あっという間に作れるメニューは助かります。 缶コーヒーの発明やレトルト食品の初の市販化など、いつも新しいアイディアであっと言う間に美味しいもの楽しめるようにしてくれる日本のメーカーに感謝!

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 飲みもの Drink, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | 1 Comment

入園準備用のひらがなお名前スタンプ

Parents’ check list for Japanese kindergarten 娘のお迎え時間の都合でバリバリ早朝出勤派の私。氷点下10度(-10C/14F)位の寒さの中、日の出前に駅までの道を歩く毎日。 こちらはまだ冬真っ只中ですが、最近幼稚園で使うループタオルについて、日本在住のみなさんからのアクセスが一気に増えてきました。きっと4月からの幼稚園入園準備に忙しくされているのでしょうね。米国では9月からが新学期のため、日本のように4月が入園・入学シーズンではありませんが、春って考えただけで楽しみで待ち遠しい♪ 日本と比べると、こちらの幼稚園やプリスクールでは指定されることがほとんどありません。お弁当袋、上履き入れ、歯磨きセット入れなどたくさんの袋物を指定サイズ通りに手作りしたり、制服を揃えたりする必要がないのでその点は私にとってはありがたいところ。こちらの入園準備と言えばせいぜい服や持ち物に名前を書く程度です。今とっても気になっている便利グッズが、シャチハタの「ポンピタおなまえスタンプ」。布やプラスチックにも押せる油性のハンコなので便利そうだし、マッキー(米国ではSharpie)で書くのではなく、名前をつける作業自体がとっても楽しくなりそう!兄弟姉妹がいても、これひとつで対応できるのもお得ですね。そして似顔絵をスタンプにできるタイプ「どこでも もちものスタンプ マイキャラ」も発見。髪型や目鼻などの組み合わせが240万通り以上だなんて、娘のだけでなく自分のバージョンも作ってみたくなっちゃいます 笑 最初は「ひらがなの名前をつけても先生や周りのお友達には読めないか・・・」と躊躇しましたが、考えてみたら逆にとってもユニークだから、誰がみても娘のものだとすぐわかるようになりますよね?子ども達や先生が実際に日本語を目にして、そこからプリスクールや幼稚園で新しい話題が始まるかもしれないし。これはもう我が家でも導入するしかないっ!!Evernoteの「日本から欲しいものリスト」に新たに追加決定です。 せっかくだから黒だけでなく他の色のインクもあると楽しいですね。ちなみに布地にハンコで名前をつけた場合、乾燥機を使うと長持ちするそうです。外干ししないで乾燥機頼みの米国では良いことかもしれませんが、本当は晴れた日に外に洗濯物を干して太陽の香りのする服を着せてあげたいのが親ゴコロ・・・ こちらでたくさん見かける名前シールのサイトでかわいいなと思うのがここ。デイケア用のシールセットや学校用セットなどがあり、シールには文房具やお弁当箱につけるタイプと衣類につけられるタイプがあります。デザインや色がたくさんあるので見ていると悩んで決断できないのが難しいかも? (2/16の追記) Yさんの職場のお友達も自分の似顔絵入り「どこでも もちものスタンプ マイキャラ」を職場で活用しているそうです。ますますオトナ用にも作りたくなっちゃいました! Cさんは、「ねいみ〜」というシリーズのセットを使っているとか。こちらも入学準備セットなどがあり、様々なサイズのハンコを使い分けできるので便利そうです♪ お二人とも素敵な情報ありがとうございました!

Posted in お母さんへ For moms, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , , | Leave a comment

鮭とばが食べた〜い!!!

Sake-toba (dried salmon) – little softer than dried squid, soooooo rich in flavor… 北海道。父の仕事の関係で小さい頃からたくさんの時間を過ごしていたので、私にとっては、大好きな日本の第二の故郷のようなところです。雄大で、様々な自然と文化を見せてくれる。そしてすっごく美味しい(これ重要)! もし日本に住んでいたら、娘を連れて毎年でも滞在したい場所。夏は支笏湖畔でキャンプやサイクリング、十勝岳や大雪山を登ったり、野生のハスカップやジンギスカンも食べさせてあげたい。(今住んでいる家も、北海道のように二重玄関になっていればいいのに・・・なんて考えてみたり。) で、先日ふと「鮭とば」が食べたくなって(笑)そこからしばらく北海道に想いを馳せていました。鮭とば、美味しいですよね。私が好きなのは一般的な縦に切ってある細長いタイプのもの。スルメよりも柔らかく肉厚で、何より風味が最高です。ホタテの貝柱の干物もたまに食べたくなることがあるけれど、鮭とばが一番食べた〜い!!! 鮭とばの「とば」がアイヌ語に由来する可能性があるだなんて初めて知りました。実は小学校低学年の頃、白老ポロトコタンでお話を聞いてアイヌ文化にすっかり魅了され、翌年のハロウィンではアイヌの娘に扮して一所懸命練習したムックリという楽器を演奏したこともありました。大好きな鮭とばにもアイヌの文化が関係していたかもしれないなんてなんかうれしい♪豊富な乾物・干物がある日本、この歳になって食べ物と文化について色々考えられるようになった気がします。 次回の日本訪問時には娘を連れて北海道に行く事が・・・ぜひぜひ実現しますように! ビーフジャーキーならぬ、サーモンジャーキーというのをトレイダージョーズ(Trader Joe’s、チェーンのスーパーマーケット)で見つけました。鮭とばが恋しくて買ってみたけれど、メイプルシロップが使われていたり、ビジュアル的にもかなり違いますね。そんなわけでまだ未開封ですが、あくまで「違うもの」として楽しもうとおもいます。笑

Posted in 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

海外でも使いたい日本のキッチン家電

Japanese kitchen appliances – gotta have these! 今、家のちょうど真ん中にキッチンがある家に住んでいます。 そのせいかわかりませんが、キッチンにいる時間がとっても長くなりました。特に母になってからは毎日のご飯やお弁当作りだけでなく、ちょっとした1人の時間をキッチンで過ごす事がほとんど。コーヒーを飲みながらオンラインバンキングで各種支払いをやっつけたり、煮物を作りながら娘のプリスクールの連絡事項に目を通したり。友達が遊びに来ると、キッチンテーブルでお菓子をつまんで話したり。そんな我が家のキッチンでは日本が誇る電化製品が2つ大活躍中です。 炊飯器(Rice cooker) 2007年秋から愛用中。当時シカゴ在住だったHくんが、米国最大級の日系ミツワマーケットプレイスで購入したものをプレゼントしてくれたものです。大好きな象印の3合炊きタイプ。こちらでよくみるベーシックな電気炊飯器を見慣れていた友達は、当時あまりにも近未来なスタイルをみて「これ、ラジオとか電話とかDVD観れる機能とかもついてるんでしょ?」と冗談を言っていました 笑 日本では当たり前だと思われている「白米、玄米、おかゆ」など様々なご飯を炊き分ける機能や、タイマー機能、炊きあがった時のメロディーお知らせなどはこちらではとっても特別な機能。毎年のように更なる新機能を搭載した高性能タイプが出てくる日本。やっぱりお米を愛する国なんですよね。Vivaジャポニカ米! 電気ポット(Water boiler and warmer) 温かい飲み物を頻繁に飲みたくなる冬。毎回お湯を沸かすのが面倒になって購入を決意。ポットと言えば象印!と思っていたけれどかなり高かったので小さめ(2.2リットル)のパナソニック製のタイプにしました。これ、キッチンカウンターの上でも邪魔にならずにとっても便利、大正解のお買い物でした♪こちらは2012年の冬から大活躍しています。買ってみると、夏場でも結構使えることが判明。お気に入りのフリーズドライの美味しいお味噌汁をさっと作ったり、朝おかずを作る間、娘のお弁当箱の魔法瓶部分を熱湯で温めておくのに使ったりもします。 この他にもぜひ欲しい家電が2つ。 ホットプレート(Electric nonstick skillet) 日本に帰国するご家族から譲り受けてその便利さを実感!ちょうどいい深さのタイプだったので、ホットケーキ、お好み焼き、焼きそば、焼き肉、なんでも作れちゃいます。かなり使い込まれてテフロン部分がはがれ始めてきたのでお別れしました(頂いたご家族がいつから使っていたかはわかりませんが、きっと通算で10年近かったのではないかな?)。お鍋を食卓で囲みたい季節のせいか、最近新規購入を検討中。でもこれは夏とかあまり出番がないかなぁ・・・とためらってみたり。米国で一般的なホットプレートは、パンケーキを作ったりソーセージやベーコンを焼くことに使われるので、ほぼ真っ平らの長方形のタイプが主流。やっぱりある程度の深さが欲しいんですよね~ お米も使えるホームベーカリー(Home bakery – the one you can even make “rice” bread) トランスフォーマー(変圧器)が必要になるのは面倒だからと、いつもこちらで手に入る家電のみをチェックしていましたが、日本から買ってくるのもあり?!と考える程気になっているのがホームベーカリー。ご飯を使ってパンを作れるタイプのものです。日本ではフランス的なものから日本オリジナルなものまで、様々な美味しいパンが手に入りますが、米国ではバラエティに欠けてしまうところがあるので、家でパンを焼いたりもします。でも小麦だけでなくご飯も含むパンができてしまうホームベーカリーがあったら楽しそう!こちらでもアマゾン経由で入手可能ですが、US$1,000以上してしまうのでもし本当に買う場合は日本から持ち込みます 笑 日本のキッチン家電を使っているこちらの人は皆、とにかく壊れないのが頼もしいといいますね。私も強く同感!日本のようにセールになりにくいとは言え、何年も大切に使えるのでやっぱりおすすめです。 家電ではないけれど、我が家のキッチンの重要アイテム。かえるのキッチンスポンジホルダーです。100円ショップで娘がセレクトしました♪ こちらにもあるにはあるのですが、結構大きくて重たいものが多いので、安くて軽くてかわいい日本のシリーズは思わず色々買ってきたくなってしまいます!

Posted in 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

お子様ランチやお子様セットのおまけ

Why it’s good to be a kiddo in Japan 久しぶりに帰って思ったのは、日本には色んな所に子供に楽しいおまけが溢れていること! これって、日本に住んでいるとあまり感じないことかもしれませんが、結構すごい。外国からの旅行者に人気の日本のガチャガチャやUFOキャッチャーもそうですが、レストランやファーストフードのお子様ランチやお子様セットについてくるおまけのバラエティも豊富です。母娘でいちいち興奮してしまいました。 今回「日本滞在中は絶対モスバーガーを食べたい!!」と心に決めていたので(笑)セットについて来たおもちゃや、モス福袋(という名のおまけグッズ付きクーポン券)を買ってもらえたグッズにも大はしゃぎ♪ モスバーガーのワイワイセットも、「モッさん」というキャラクターも、私が日本にいた頃にはありませんでした。調べてみたらモッさんは2009年にデビュー、1972年生まれの東京都板橋区出身だそうです。右はモッさん万華鏡。ちなみに一番左はアンパンマンミュージアムの500円ガチャガチャでゲットしたもの。500円のガチャガチャなんて初体験でしたが、お姉さん達が掛け声をかけてくれる中で子供がガチャガチャをまわし、鍵を開ける魔法のフレーズを教えてもらって一緒に叫んでからアンパンマンの特大カプセルを取り出してお姉さんに開けてもらう・・・というフルコースなものでした 笑 そして伊丹空港から仙台空港まで全日空(ANA)で移動した時。フライトアテンダントのお姉さんが持ってきてくれたおもちゃバッグ。娘が選んだのはこの飛行機。日系の飛行機に乗ることがしばらくなかったのでここでもちょっと感動。 こうした小さなおまけ達は娘の畳プレイエリアに。離れているからこそかもしれませんが、日本ならではのおまけはとっても大切な思い出です。 ところでガチャガチャのおもちゃって、オンラインで購入できるんですね! アンパンマンのこんなかわいいシリーズとかオトナ買いして子供のお誕生会でお友達に配ったり・・・日本に住んでいたらやってみたかったなぁ

Posted in お母さんへ For moms, レストラン Restaurants, 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins | Tagged , , , , | Leave a comment

和食を英語版クックパッドで紹介

COOKPAD – the largest Japanese recipe website is now available in English 基本的にお料理する時、私は材料を量りません。これまでの経験とその時のノリで作ってしまうタイプなので、分量はもちろん「適当」です 笑 普段はそれでいいのですが、こちらのお友達が「日本食にチャレンジしてみたい!」と作り方を聞いてくると、いつもちょっと困ってしまいます。お味噌などの調味料の量や、材料の切り方ひとつにしても「適当に」とは言えません。なんとか分量を数値化して手順を伝えた上で、煮え具合や出来上がり感を言葉にして伝えるのですが、思った以上にレシピを書き起こすのは難しい。それにレシピに忠実にお料理したいお友達って結構多いんですよね。 そんな流れで、しばらく前から和食を紹介する際にクックパッドを活用するようになりました。これなら初めてチャレンジする和食でも、「つくれぽ」にある出来上がり写真を見せてイメージしてもらう事ができるし、私としてはクックパッドにある作り方を私流にアレンジして、手順などはそのまま英訳するだけなので簡単です。 で、先週このクックパッドの英語版があることを初めて知りました。これはかなりの衝撃!2013年8月5日のプレスリリースによると、 「オープン当初は約1,500品の掲載レシピ数からスタートし、早期に数万品まで増やしていく予定です。」 もしかして既に活用されている方も多いかも知れませんが、遅咲きデビューの私にとってこれはとっても心強い♪美味しいのはもちろん、見た目も楽しくて体にも良い和食。このサイトを活用して、少しでも多くの方に楽しんでもらえたらうれしいですね。 和食といっても伝統的なものだけではありません。例えばアスパラのベーコン巻き(Bacon-wrapped Asparagus)。これならこちらの食材でもすぐできて簡単!こちらのお母さん達のお弁当作りにも役立ちそうなサイトです。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment