Monthly Archives: February 2014

鮭とばが食べた〜い!!!

Sake-toba (dried salmon) – little softer than dried squid, soooooo rich in flavor… 北海道。父の仕事の関係で小さい頃からたくさんの時間を過ごしていたので、私にとっては、大好きな日本の第二の故郷のようなところです。雄大で、様々な自然と文化を見せてくれる。そしてすっごく美味しい(これ重要)! もし日本に住んでいたら、娘を連れて毎年でも滞在したい場所。夏は支笏湖畔でキャンプやサイクリング、十勝岳や大雪山を登ったり、野生のハスカップやジンギスカンも食べさせてあげたい。(今住んでいる家も、北海道のように二重玄関になっていればいいのに・・・なんて考えてみたり。) で、先日ふと「鮭とば」が食べたくなって(笑)そこからしばらく北海道に想いを馳せていました。鮭とば、美味しいですよね。私が好きなのは一般的な縦に切ってある細長いタイプのもの。スルメよりも柔らかく肉厚で、何より風味が最高です。ホタテの貝柱の干物もたまに食べたくなることがあるけれど、鮭とばが一番食べた〜い!!! 鮭とばの「とば」がアイヌ語に由来する可能性があるだなんて初めて知りました。実は小学校低学年の頃、白老ポロトコタンでお話を聞いてアイヌ文化にすっかり魅了され、翌年のハロウィンではアイヌの娘に扮して一所懸命練習したムックリという楽器を演奏したこともありました。大好きな鮭とばにもアイヌの文化が関係していたかもしれないなんてなんかうれしい♪豊富な乾物・干物がある日本、この歳になって食べ物と文化について色々考えられるようになった気がします。 次回の日本訪問時には娘を連れて北海道に行く事が・・・ぜひぜひ実現しますように! ビーフジャーキーならぬ、サーモンジャーキーというのをトレイダージョーズ(Trader Joe’s、チェーンのスーパーマーケット)で見つけました。鮭とばが恋しくて買ってみたけれど、メイプルシロップが使われていたり、ビジュアル的にもかなり違いますね。そんなわけでまだ未開封ですが、あくまで「違うもの」として楽しもうとおもいます。笑

Posted in 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

海外でも使いたい日本のキッチン家電

Japanese kitchen appliances – gotta have these! 今、家のちょうど真ん中にキッチンがある家に住んでいます。 そのせいかわかりませんが、キッチンにいる時間がとっても長くなりました。特に母になってからは毎日のご飯やお弁当作りだけでなく、ちょっとした1人の時間をキッチンで過ごす事がほとんど。コーヒーを飲みながらオンラインバンキングで各種支払いをやっつけたり、煮物を作りながら娘のプリスクールの連絡事項に目を通したり。友達が遊びに来ると、キッチンテーブルでお菓子をつまんで話したり。そんな我が家のキッチンでは日本が誇る電化製品が2つ大活躍中です。 炊飯器(Rice cooker) 2007年秋から愛用中。当時シカゴ在住だったHくんが、米国最大級の日系ミツワマーケットプレイスで購入したものをプレゼントしてくれたものです。大好きな象印の3合炊きタイプ。こちらでよくみるベーシックな電気炊飯器を見慣れていた友達は、当時あまりにも近未来なスタイルをみて「これ、ラジオとか電話とかDVD観れる機能とかもついてるんでしょ?」と冗談を言っていました 笑 日本では当たり前だと思われている「白米、玄米、おかゆ」など様々なご飯を炊き分ける機能や、タイマー機能、炊きあがった時のメロディーお知らせなどはこちらではとっても特別な機能。毎年のように更なる新機能を搭載した高性能タイプが出てくる日本。やっぱりお米を愛する国なんですよね。Vivaジャポニカ米! 電気ポット(Water boiler and warmer) 温かい飲み物を頻繁に飲みたくなる冬。毎回お湯を沸かすのが面倒になって購入を決意。ポットと言えば象印!と思っていたけれどかなり高かったので小さめ(2.2リットル)のパナソニック製のタイプにしました。これ、キッチンカウンターの上でも邪魔にならずにとっても便利、大正解のお買い物でした♪こちらは2012年の冬から大活躍しています。買ってみると、夏場でも結構使えることが判明。お気に入りのフリーズドライの美味しいお味噌汁をさっと作ったり、朝おかずを作る間、娘のお弁当箱の魔法瓶部分を熱湯で温めておくのに使ったりもします。 この他にもぜひ欲しい家電が2つ。 ホットプレート(Electric nonstick skillet) 日本に帰国するご家族から譲り受けてその便利さを実感!ちょうどいい深さのタイプだったので、ホットケーキ、お好み焼き、焼きそば、焼き肉、なんでも作れちゃいます。かなり使い込まれてテフロン部分がはがれ始めてきたのでお別れしました(頂いたご家族がいつから使っていたかはわかりませんが、きっと通算で10年近かったのではないかな?)。お鍋を食卓で囲みたい季節のせいか、最近新規購入を検討中。でもこれは夏とかあまり出番がないかなぁ・・・とためらってみたり。米国で一般的なホットプレートは、パンケーキを作ったりソーセージやベーコンを焼くことに使われるので、ほぼ真っ平らの長方形のタイプが主流。やっぱりある程度の深さが欲しいんですよね~ お米も使えるホームベーカリー(Home bakery – the one you can even make “rice” bread) トランスフォーマー(変圧器)が必要になるのは面倒だからと、いつもこちらで手に入る家電のみをチェックしていましたが、日本から買ってくるのもあり?!と考える程気になっているのがホームベーカリー。ご飯を使ってパンを作れるタイプのものです。日本ではフランス的なものから日本オリジナルなものまで、様々な美味しいパンが手に入りますが、米国ではバラエティに欠けてしまうところがあるので、家でパンを焼いたりもします。でも小麦だけでなくご飯も含むパンができてしまうホームベーカリーがあったら楽しそう!こちらでもアマゾン経由で入手可能ですが、US$1,000以上してしまうのでもし本当に買う場合は日本から持ち込みます 笑 日本のキッチン家電を使っているこちらの人は皆、とにかく壊れないのが頼もしいといいますね。私も強く同感!日本のようにセールになりにくいとは言え、何年も大切に使えるのでやっぱりおすすめです。 家電ではないけれど、我が家のキッチンの重要アイテム。かえるのキッチンスポンジホルダーです。100円ショップで娘がセレクトしました♪ こちらにもあるにはあるのですが、結構大きくて重たいものが多いので、安くて軽くてかわいい日本のシリーズは思わず色々買ってきたくなってしまいます!

Posted in 食べもの Food, 子供のおやつ Snack for kids, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

お子様ランチやお子様セットのおまけ

Why it’s good to be a kiddo in Japan 久しぶりに帰って思ったのは、日本には色んな所に子供に楽しいおまけが溢れていること! これって、日本に住んでいるとあまり感じないことかもしれませんが、結構すごい。外国からの旅行者に人気の日本のガチャガチャやUFOキャッチャーもそうですが、レストランやファーストフードのお子様ランチやお子様セットについてくるおまけのバラエティも豊富です。母娘でいちいち興奮してしまいました。 今回「日本滞在中は絶対モスバーガーを食べたい!!」と心に決めていたので(笑)セットについて来たおもちゃや、モス福袋(という名のおまけグッズ付きクーポン券)を買ってもらえたグッズにも大はしゃぎ♪ モスバーガーのワイワイセットも、「モッさん」というキャラクターも、私が日本にいた頃にはありませんでした。調べてみたらモッさんは2009年にデビュー、1972年生まれの東京都板橋区出身だそうです。右はモッさん万華鏡。ちなみに一番左はアンパンマンミュージアムの500円ガチャガチャでゲットしたもの。500円のガチャガチャなんて初体験でしたが、お姉さん達が掛け声をかけてくれる中で子供がガチャガチャをまわし、鍵を開ける魔法のフレーズを教えてもらって一緒に叫んでからアンパンマンの特大カプセルを取り出してお姉さんに開けてもらう・・・というフルコースなものでした 笑 そして伊丹空港から仙台空港まで全日空(ANA)で移動した時。フライトアテンダントのお姉さんが持ってきてくれたおもちゃバッグ。娘が選んだのはこの飛行機。日系の飛行機に乗ることがしばらくなかったのでここでもちょっと感動。 こうした小さなおまけ達は娘の畳プレイエリアに。離れているからこそかもしれませんが、日本ならではのおまけはとっても大切な思い出です。 ところでガチャガチャのおもちゃって、オンラインで購入できるんですね! アンパンマンのこんなかわいいシリーズとかオトナ買いして子供のお誕生会でお友達に配ったり・・・日本に住んでいたらやってみたかったなぁ

Posted in お母さんへ For moms, レストラン Restaurants, 食べもの Food, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins | Tagged , , , , | Leave a comment

和食を英語版クックパッドで紹介

COOKPAD – the largest Japanese recipe website is now available in English 基本的にお料理する時、私は材料を量りません。これまでの経験とその時のノリで作ってしまうタイプなので、分量はもちろん「適当」です 笑 普段はそれでいいのですが、こちらのお友達が「日本食にチャレンジしてみたい!」と作り方を聞いてくると、いつもちょっと困ってしまいます。お味噌などの調味料の量や、材料の切り方ひとつにしても「適当に」とは言えません。なんとか分量を数値化して手順を伝えた上で、煮え具合や出来上がり感を言葉にして伝えるのですが、思った以上にレシピを書き起こすのは難しい。それにレシピに忠実にお料理したいお友達って結構多いんですよね。 そんな流れで、しばらく前から和食を紹介する際にクックパッドを活用するようになりました。これなら初めてチャレンジする和食でも、「つくれぽ」にある出来上がり写真を見せてイメージしてもらう事ができるし、私としてはクックパッドにある作り方を私流にアレンジして、手順などはそのまま英訳するだけなので簡単です。 で、先週このクックパッドの英語版があることを初めて知りました。これはかなりの衝撃!2013年8月5日のプレスリリースによると、 「オープン当初は約1,500品の掲載レシピ数からスタートし、早期に数万品まで増やしていく予定です。」 もしかして既に活用されている方も多いかも知れませんが、遅咲きデビューの私にとってこれはとっても心強い♪美味しいのはもちろん、見た目も楽しくて体にも良い和食。このサイトを活用して、少しでも多くの方に楽しんでもらえたらうれしいですね。 和食といっても伝統的なものだけではありません。例えばアスパラのベーコン巻き(Bacon-wrapped Asparagus)。これならこちらの食材でもすぐできて簡単!こちらのお母さん達のお弁当作りにも役立ちそうなサイトです。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

和歌山のお魚でひらがなと漢字のお勉強

Fish matching cards from Wakayama prefecture – fun way to learn Japanese Hiragana and Kanji 和歌山でお世話になったペンションのお母さんが、出発の日の朝、娘にこんな素敵なカードゲームをプレゼントしてくれました。紀州和歌山のお魚がたくさん紹介されているカードたち。絵合わせ、かるた(名前の由来はポルトガル語ですって)、ババ抜き、神経衰弱ゲームなどして遊べます。 これは日本古式捕鯨発祥の地、和歌山県太地町にあるくじらの博物館で販売されているものです。 お魚の名前は、ひらがな、漢字、更にローマ字で書いてあるので4歳の娘の遊びとしてだけでなく、オトナも十分勉強できる優れもの。私も娘と遊びながら様々な魚の漢字を眺めて「へぇ〜」と納得してみたり。ローマ字表記されているので、日本語を読めない人や勉強中の人とも一緒に楽しめます。 千代紙を連想する和柄のイラストも素敵♪カードの種類もたくさんあるのでしばらく遊んでいられるし、日本で水族館に行って海の生物に興味津々の娘はひとつひとつのカードをじっくり観察しては、どんなものか、食べれるか(笑)など聞いてきて楽しいです。私としては忘れかけていたお魚を思い出して、お寿司屋さんに行きたくなってしまいますけどね。 今回の旅で初めて和歌山デビューをしたのですが、冬でも過ごしやすい気候、身が引き締まる厳かな空気の熊野川やゆったりとして気持ちのいい海、キレイな星空、温泉、美味しいご飯、そして何より素敵な人たちと出会うことができてとてもいい思い出ができました。ぜひまた訪れたい場所です! そんな素敵な和歌山。 日本でNちゃんがくれた「人生に悩んだら日本史に聞こう 幸せの種は歴史の中にある」という本を先週通勤中に読んでいて、恥ずかしながら1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件(Ertuğrul Fırkateyni)について初めて知りました。本州最南端の町和歌山県串本町は車で移動中近くを通ったのですが、その時トルコの国旗や「トルコ」という文字をたくさん見かけて気になっていたんです。まさかそこがトルコと日本の友好の原点だったとは!最初に知っていたらぜひ串本町へも行って色々と見てみたかったなあ、とっても残念。このサイトにもトルコからのアクセスが結構多いのはそのためでしょうか。私もこれから日本のいいところをもっと紹介できるように色んなことを知りたいと思います。

Posted in お母さんへ For moms, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 日本語学習 Learning Japanese, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | 3 Comments

Origami感覚でドリップコーヒーを淹れる?

Origami – instant drip coffee from Starbucks in Japan 明け方から東海岸北部は大雪。学校はお休みとなったので、今日は終日娘と家で過ごしました。ノンストップで未だ降り続ける雪。除雪車もフル稼働しています。でも先ほど市役所からのemailで「Snow Emergency」は解除との連絡が。ということは明日は学校や仕事に行かなくてはいけないのかな。雪が落ち着くまであと1日家にいれるといいのだけれど・・・ こんな日は家でゆっくり温かい飲み物を楽しみます。先日ミネアポリスで買ってきたCaribou Coffeeや、大好きなルピシアのフレーバードティーなど。娘のお昼寝タイムには優雅な気分でオンラインショップのお茶をチェックみたりして、次回の日本帰国時にどんなものを買いたいか考えてみたり。 私は普段から思いついたことをEvernoteに記録するようにしています。例えば、去年日本に行けることが確定する前から、日本滞在中に会いたい人ややりたい事、行きたい場所やお店、食べたいもの、持って帰りたいものなどなどを思いつく度にメモしていました。こうしておくと、帰国直前やあっという間の日本滞在中に少しでも余裕を持てるかなと思います。リストを作ること自体も楽しいですしね♪ やっぱり次回は日本の美味しいドリップコーヒーも買ってきたいので早速リストに追加。先日東京のTちゃんがスターバックスのOrigamiについて教えてくれました。日本のスタバ、滞在中何度か行ったのに全然気づかなかった〜! 送ってもらった写真によるとこんな感じ。 初めての人にはやっぱりは図入りで説明の方がわかりやすいのでしょうね。 どんな小さな事でも、それがきっかけとなって日本の素敵な商品や文化が紹介されていくのはうれしいことです。ドリップコーヒーに「折り紙」だなんてなかなか素敵なネーミング。海外展開を考えた上での戦略だと信じて、近い将来近所のスタバでも見かけられる日を楽しみに待っていようと思います。 ところで米国のスタバではバニラ風味の豆乳を使っているため、お砂糖や蜂蜜を入れなくてもソイラテが甘いんです。日本でソイラテを頼んだ時、オトナな味でびっくりしながら違いを思い出しました。国ごとに違うことって他にもあるのかな?

Posted in 飲みもの Drink, 日本でぜひ Viva Japan, 日本のこと About Japan, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | 1 Comment

100円アヒージョの素!

Ajillo time for garlic lovers! Awesome spice mix just for 100yen (less than a dollar) Mちゃんと川口駅前のマルエツで夕飯の食材を買っていた時。実演販売していたキノコとパスタを和えたものを試食してみたら、ものすご〜く美味しい!! そのお姉さんが使っていたのはダイショーの「アヒージョの素」。粉タイプの調味料で、フライパンにオリーブオイルをひき、この粉を溶かしたもので食材を炒めるとあっという間にできてしまう便利なもの。美味しかったのと、実演していたお姉さんの「きのこや野菜だけでなくシーフードやパスタなど何にでも合いますよ〜♪」という言葉で即買い。更にこれは袋入りで粉タイプなので軽いから持ち運び(&米国へお持ち帰り)も簡単です。お値段も100円とお買い得。 いい物見つけたー♪と得意気に話したのに、うっかり既に愛用者だった姉。 姉はしめじやエリンギなどのきのこを2、3パック分これで炒めて、レタスなどのサラダの上に熱々を直接盛りつけて食べるのが好きだそうです。きのこ天国の日本ならでは。日本だと大きなしめじなども1パック100円位ですよね?家の近所でもホクトのぶなしめじやエリンギ、舞茸が手に入るようになりましたが、1パックUS$3~で、日本の約3倍のお値段。姉のオススメ通りにきのこのアヒージョを作ると一気に高級副菜になってしまいます 涙 一緒に買ったMちゃんはパスタを作ったそうです。彼女のオススメは、多めの具を先にアヒージョの素と炒めておき、お塩は入れずにアルデンテ手前まで茹でたパスタと混ぜる方法。その際は炒めていた具に茹で汁を足してからフライパンでからめるのがベストで、アヒージョの素に対してパスタは300~400g位いけるそうです。 これ本当に美味しかったので、在庫がなくなったらにんにくやガーリックパウダーで作ろうと思いますが、こうしてあっという間にできちゃう便利な調味料があるとついつい頼っちゃいますね。実は無印良品のパスタソースシリーズも1食分ずつ作れるから結構お気に入りです。簡単に料理できる調味料はありがたい! それにしても実演販売に商品別の有名人がいたとは知りませんでした。米国でもQVCなど深夜のケーブルチャンネルは実演販売でいっぱいです。これはどこにでもある文化なのかな。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment

日本で流行りのフードコンテナ&簡単ランチ

Hot and easy lunch to go – Japanese recipes using Thermos food jars 日本滞在中に見たワイドショーでやっていたので気になっていたんです。フードコンテナで作る簡単ランチ。朝仕込んでお昼にはできているというほかほかランチ。 娘が現在プリスクールに持参している象印のお弁当箱を見たYちゃんが、日本にはミッフィーのフードコンテナもあるよと教えてくれました。これとっても可愛いい♪(娘だけでなく自分用にも欲しい!)でもミッフィーが普及していない米国で入手できるようには・・・当分ならないか。米国人のお友達曰く、「ミッフィーはアクションが少ないし、口が開かないからあんまり面白くない」そうです。かわいいのになぁ。この辺のかわいさはどうして理解されにくいのかしら。 日本でHちゃんがシンプルな黒のフードコンテナをプレゼントしてくれました。楽しそうなレシピ本「スープジャーで作る すてきなヘルシーランチ」も買ってきたのでこれからの季節ぜひ試してみようと思います。(その他日本から持って帰った本はこちら) 「鶏肉の塩麹ちゃんこスープ」や「石狩スープ」など名前からしてViva Japanなレシピの他、トマトリゾットに鶏肉のフォー、そして筑前煮やチャプチェなどの副菜レシピも。 このレシピを眺めながら思ったけれど、1人暮らしや朝忙しい人向けに1食分の材料をパックにして販売してくれたら便利ですよね?日本でブームになっているなら、スーパーやコンビニなどで販売を検討してくれたらいいのに。冷凍できたら病気の時なんか本当に助かると思います(この週末我が家にも欲しかった・・・) お父さん&お母さんは健康第一。温かい手作りスープを職場で食べて、私も外の雪に負けないようにがんばるぞ!   ——- Japanese Parents 日本の親 FBページもあるので、 よかったら「いいね!」してくださいね!

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 日本のこと About Japan, 本 Books, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

とらやの羊羹でバレンタインデー

Very Japanese-y St. Valentine’s Day gift from my daughter to her grandparents in Japan! 私も日本に住んでいる父も大のチョコ好き。俗に言うチョコホリック(Chocoholic)です。娘も確実にその血を受け継いでいる様子。 日本では2/14のバレンタインデーに女性から男性へチョコなどを贈り、3/14のホワイトデーに男性から女性へお礼・お返しするのが一般的ですよね。このホワイトデー、日本から始まったもので、Wikipediaによると中国、台湾、韓国など東アジアの一部でも定着しているとか。日本のバレンタインチョコレートは繊細で素敵なものがたくさんありますね。先日伊勢丹新宿店で開催されていたサロン・デュ・ショコラ(Salon du Chocolat)。愛媛県の柑橘類とカカオの組み合わせだなんて、日本の食材に弱い海外組にはぐっときちゃうような商品もあったようです。ニューヨークやパリまでは遠いし、この時期に東京に帰れていたらな〜 米国にはホワイトデーはありません。バレンタインデー当日は男性、女性、友人、クラスメイトや先生(プリスクールなどでも)がカードやお菓子、お花にヘリウム風船、小さなおもちゃなど様々な贈り物を渡します。なので、チョコホリックな人にとっては贈るだけでなく、チョコレートをみんなとやり取りできるこの季節は日本以上にワクワク! 実家には毎年バレンタインが近くなると、こちらのチョコレートと娘の書いたカードを送っていました。米国から日本へは普通郵便で1週間程度。平日だと郵便局に行くのが難しいので、余裕をみて土曜日の午前中に郵便局から発送します。ただ、今週末はうっかり娘の風邪で家にこもって過ごしていたので、オンラインでバレンタインのギフトを発注することにしました。 選んだのはとらやの羊羹!笑 実は、昨年の敬老の日に娘からじいじ&ばあばへ、とらやの羊羹詰め合わせを送ってとっても喜んでもらっていたのです。その時送ったのはこちらのとらや小型羊羹アソート。大きな羊羹だと、夫婦二人で開けてから食べきるのは難しいし、個別包装されているのでお友達にも簡単にシェアできるし、色々な味を楽しめるのでとても気に入ってもらえました。ジムの仲間にも配ったそうです。どの種類を何本贈りたいか、「詰め替え」も自由にできるのもナイス。 こちらの羊羹の賞味期限は製造日から1年間。東日本大震災の時に非常食として羊羹が見直された話や、甘いもので少し元気が出たという話を聞きました。被災地に住み、70歳を超える両親。実家の地盤は未だ傾いたままですが、そんなことより悲しいのは両親のお友達の中にもお子さんやお孫さんを失った方がいらっしゃるということ。みなさんの気持ちを考えるとどうしようもなく苦しくなりますが、年配の方にも喜んで頂ける羊羹をみんなで食べながらちょっとでも楽しい時間を過ごしてもらえたら・・・と思っています。今なら限定ハート掛紙も指定できるみたい。さりげなくて可愛いかも。 ネットショッピングやEmail、ライン(Line)やGoogleハングアウト(Hangouts)などの無料サービスの普及のお陰で、海外に住んでいても日本がより近く感じられる時代になりましたね。インターネットが普及していることが前提ですし、もちろんまだ世界中でさくさくつながるわけではありませんが、一昔前に比べたら本当にありがたい! 食べ物の差し入れをあまり推進していない娘のプリスクールには、米国版ユザワヤのMichael’sで買ってきたプラスチックのハートの入れ物に小さなおもちゃを詰めて持たせようかなと思ってます。

Posted in お母さんへ For moms, 食べもの Food, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , , | Leave a comment

贅沢保湿

Tissue with lotion – we need more variety over here! 昨日に引き続き今日も娘は風邪っぴきちゃん。 可哀想に喉はゲホゲホ、鼻水と涙が止まりません。家中のティッシュがなくなってしまったので日本から持って帰ってきたポケットティッシュまで動員することになりました。・・・とは言え、アンパンマンやマイメロディなどのキャラクター系ティッシュの紙質はあまり良くないので、ここでオトナのティッシュ登場です。 エリエールの贅沢保湿ティッシュを使った瞬間、「これやわらか〜い♪」。娘の鼻は赤くなってきていたので普通のティッシュでは痛かったようです。 こちらでもローションティッシュはあるにはあります。クリネックス(Kleenex)やパフス(Puffs)のものです。ただ、なぜか箱入りしか売られていないんですよね。日本ではあまり見かけないキューブ(正方形)タイプとお馴染みの長方形タイプがあります。でも日本の贅沢保湿(いつから松本潤がCMに出てたの?)やカシミヤとはしっとり感が全然違うんです。そしてポケットティッシュタイプがないのも残念。花粉症の季節や、今のように風邪をひいた時には携帯用も必須です。 ハンカチで鼻をかむ文化があるからないのかな?とりあえず私はハンカチを使う予定がないので、ぜひ米国でも携帯用の保湿ティッシュを販売して欲しいなぁ。とりあえず、明日は朝イチで箱入り保湿ティッシュを買ってきます。早く治るといいね。 (2/2の追記) これを見たCさんが、「箱ティッシュの中身を束で抜いて運べる携帯用ケースを作って利用している」と教えてくれました。ちょっと調べてみるとみなさん色々な種類を手作りしているようです。これはエコだし便利そう!裁縫は苦手な方だけど、ちょっとがんばって作ってみようかな。やっぱり今回の帰省でかわいい布地をユザワヤで買ってくればよかった〜。次回こそは!! Cさん素敵な情報ありがとうございました♪

Posted in お母さんへ For moms, 日本のこと About Japan, 乳幼児 Little munchkins, 便利グッズ This is awesome! | Tagged , , , | Leave a comment